山本耕史はなぜモテる?堀木真希を射止めた秘密を徹底解剖!その2・満期貯金恋愛法

山本耕史はなぜモテる?堀木真希を射止めた秘密を徹底解剖!その2・満期貯金恋愛法

この夏、堀北真希のハートを射止めて話題になった山本耕史。掘北真希を落としたその技は、しつこいまでの猛アピール!6年間片思いの果てに40通の手紙を渡し続け、交際期間なしにいきなりのプロポーズ。

交際期間0日!と話題になっていますが、僕は実質の交際期間は6年間だと思っています。6年間を使って山本耕史がどうやって掘北真希を射止めるに至ったのか。徹底解剖していきます。

Sponsored Link


具体的なアプローチ

『アタシんちの男子』で共演した時は事務所の番号しか教えてもらえず、それから6年後に「嵐が丘」で共演。山本耕史は稽古中に約40通もの手紙を渡し続けるも、返信はなかったそう。

その後も猛アタックを続けるが、結局堀木真希から連絡先は教えてもらえず。千秋楽の日に、「せめて俺の番号を教えてさせて欲しい」と伝えたところ、その日の夜に堀木真希からLINEで着信があったそうです。

そして、掘北真希が京都に行くという話しを聞くと、乗る新幹線を予想して乗ってみたらしく、「同じ新幹線に乗っていたら運命だーなんて思っていると、掘北真希が乗ってくる。

山本耕史はそこで指輪を渡していきなり「結婚しましょう」とプロポーズ。

もうどこからツッコんでよいのやら。

「少女マンガの世界みたい!ロマンチック!それは落ちる!」という意見の一方で、「一歩間違えればストーカー」という意見も。

6年間待つ選択肢を選べる器用さ

何度も何度も番号を聞くも断られ続けている山本耕史。掘北真希としては当然です。そんな気なんかさらさらないし、お仕事の話なら事務所を通して。当然ですね。

それでも諦めない山本耕史。

はいココ、ものすごいポイントです。

諦めない≠攻め続ける

山本耕史は6年間機会を待ち続けました。ここもポイントですよ。

待ち続ける≠一人の人を想い続ける

興味のない人に想われ続けても重たいだけですし、そういう掘北真希側の気持ちを汲んでチャンスを待ったっていう所に、彼の器用さが伺えます。この辺は年の功とでも言うんでしょうか。なかなか一直線な若い時分には難しいところですね。

相手の気持ちを尊重しつつ、自分の気持ちを諦めない。その結果の再開を待つ6年間だと思います。でも山本耕史自身も、6年間想い続けていたかっていうとそうでもなく、掘北真希のことなんかほとんど忘れてたと思いますwだってそうじゃなきゃ辛いですからね。

見方を変えれば薄情とも言えますが、相手の気持ちを尊重して自分の気持ちも貫き通すなら、この選択が一番現実的で理にかなっています。

大切にするために忘れるっていう選択肢を選び取れる器用さがまた、モテる秘訣のひとつではないでしょうか。

普通の神経で手紙40連撃しちゃう度胸

letter
手紙を渡し続けて、返信を待たずに次の手紙を渡す。それを40回繰り返す。普通の神経で考えると、これはなかなか根性いります。ぶっ飛んでないと出来ない芸当ですね・・・。

手紙に対する反応はやっぱり気になってしまうし、返事を期待してしまいます。「しつこくして嫌われないか」とネガティブになってしまうことも考えられます。しかし、それを乗り越えて猛アピールしたから落とせたんだ!というと少し違う気もしています。

というのも、最初から返事なんか期待してなかったんじゃないかなーと。気持ちを伝えて、それでも自分らしくいられるメンタリティが山本耕史の魅力なんじゃないでしょうか。

この「自分らしく」っていうのが意外と難しいんですよね。何かの拍子にすぐウジウジしだしちゃって、思ってもないことを言っちゃったり、普段なら絶対しないことをしてしまったり、無気力になってしまったり。

何があっても胸を張って自分らしくいられるのがモテる秘訣、というよりもたくましく生きる秘訣?なのかもしれないですね。

ラブレター40連撃とか普通の神経じゃ理解できないから、ネジが外れてぶっ飛んでるストーカーをイメージしてしまいがち。けれども普通の神経を保ちながらこれが出来るとしたら、もはや心臓が鉄で出来てるとしか思えない。

言動を見ているとかなりロマンチストなところもありますから、再会したら一切引かないと決めていた節もありますね。とにかく、このミッションで山本耕史は、相手の一挙一動に左右されない男としての信頼感をアピールすることに成功したんじゃないでしょうか。

献身は貯金される「満期貯金恋愛法」

lgi01a201312301500
「せめて俺の番号を教えてさせて欲しい」という台詞が、流れを変える一手になりました。普通の状態だと何のことないちょっとロマンチックぐらいの台詞ですが、あの手紙40連撃を忘れてはいけません。

恋愛のひとつのコツとして、「満期貯金恋愛法」というものがあります(勝手に命名)。そう、献身は貯金されるのです。献身に献身を捧げ、相手の気持ちを1番、自分の気持ちを2番というふうに付き合っていくのがコツです。

自分の気持ちを2番目に

難しいのは、「自分の気持ちを2番」というところ。ついつい相手の気持ち1、自分の気持ち0で考えてしまいがちですが、自分の気持ちを相手の気持ちの次に寄り添わせていなければ、それは献身ではなくただの奉仕です。ボランティア。

その点「せめて俺の番号を教えてさせて欲しい」という台詞は、相手の気持ちを第一に、程よく自分の気持ちが後ろを着いて来ている良い台詞です。それも手紙40連撃の下地があってこそですけどどね。

「満期貯金恋愛法」に照らし合わせると、手紙という選択肢もかなり考えてあります。

メールと違って押し付けがましくないですし、読む時を自分で選べます。おそらくですが、手紙は「返事はいらない」という両者の承諾のもとで送られたものだと思います。はっきりと言葉にしなくとも、暗黙の了解みたいなのはあったと思います。

相手の読む読まないの能動的な選択の後に、自分の文章が来るわけですから、相手の気持ちの2番目に自分の気持ちを考えているよい例ですね。

「手にとって相手の書いた文字を読む」というのは、手紙って良いよね~って言われている以上に凄まじい効果を発揮します。

メールはダメです。スマホやケータイは随分パーソナルなものになってきました。そのパーソナルな空間に、特に興味もない相手の個人的な気持ちを綴ったメールが、しかも向こうのタイミングでズコズコ入ってくるのは気持ちが悪いですからね。

もしメール40連撃だったら、この結婚は実現していたかわかりません。

後は貯金をおろすだけ

貯金を貯めて貯めて貯めきったら、後はいつどこでそれを引き出すか。人によっては別れた後に引き出されちゃったりして、俗に言う「失ってから気付く症」にかかってたりします。

この「満期貯金恋愛法」は、貯金が満期になると、相手が勝手に引き出し始めます。今回は、“掘北真希の方からから着信があった”というのがサインだったのかも知れません。

そうなると後は押しの一手。

「新幹線を探し出していきなりプロポーズしちゃう」なんてことも全然可能になってきます。普通の神経でこれがただのストーカーに見えるのは、貯金が溜まってる様子が他の人には分からないからです。

貯金が溜まってると、ちょっと人が引くぐらいのことをしても全然大丈夫!こうして、二人は無事ゴールイン。人生の旅路に幸せな一歩を刻み付けるのでした。

まとめ

なぜ堀木真希は山本耕史を選んだのか?ということを2回に渡って考えて来ました。いかがだったでしょうか。「満期貯金恋愛法」とか勝手に名つけた方法を引き合いに出したので、少し伝わりにくかったかも知れません(汗)

世の中の恋愛は貯金どころか負債を抱えるケースが少なくないです。むしろそっちの方が多いくらい。相手の気持ちをないがしろにして、自分の気持ちのことばかり。それが正しいことかのように振舞う人たちがたくさんいます。

相手の気持ちを考えるには広い視野と見識が必要ですし、簡単なことではありません。でも、この“簡単なことではない”という認識がまず何よりも一番大切なのではないかと思います。

“分からない”という前提に立って考え続けることこそ、一番の貯金です。ぜひぜひ貯金を貯めて、パートナー素敵な関係を築いていってくださいね!

Screenshot山本耕史はなぜモテる?堀木真希を射止めた秘密を徹底解剖!第一章・性格と人柄
あの掘北真希(26)がついに結婚かー!相手誰だー!って思ったら山本耕史(38)でした。最近の芸能人は結構晩婚の人多いので、びっくりしましたね。山本耕史とは一体どんな人物なんでしょうか?堀木真希が惚れた人柄と性格に迫ります。

Sponsored link

疑問、質問、反論、感想などございましたらお気軽にどうぞ!

*