ひきこもり、家庭内暴力、ニート、若者が抱える問題に新しいやり方でメスを入れる谷口仁史氏の仕事。

ひきこもり、家庭内暴力、ニート、若者が抱える問題に新しいやり方でメスを入れる谷口仁史氏の仕事。

2015年8月31日(月)に放送される「プロフェッショナル~仕事の流儀~」に出演する谷口仁史氏。ひきこもり、家庭内暴力、不登校、非行、ニート、若者が抱える問題に真正面から立ち向かう、「どんな境遇にある若者も見捨てない」と固く誓う彼の経歴や仕事に迫ってみました。

Sponsored Link


プロフィール・経歴

谷口仁史1972年生まれ
佐賀県武雄市出身

特定非営利活動法人「NPOスチューデント・サポート・フェイス」代表理事
佐賀若者サポートステーション総括コーディネーター
佐賀県子ども・若者総合相談センター長
平成22年度子ども若者育成・子育て支援功労者表彰「内閣総理大臣表彰」受賞

佐賀大学文化教育部在学中からボランティアとして不登校やニートの若者への“訪問支援”をしてきた。卒業後、大学教授ら有志を募り「NPOスチューデント・サポート・フェイス」を設立。近年はその実績が認められ、教育、労働、労働分野を中心に各種公的委員を歴任してきた経歴を持つ。

学生時代からこういった活動をしてきたことには驚きました。てっきり教師や何か教育の分野に携わる仕事を経てから現在の活動をしているとばかり思ってたもので。

一体何が彼をこの活動に駆り立てるんでしょうか。僕の大学時代、20代前半の頃なんて他人の事なんか知らんとばかりに好き勝手やってたような・・・。いや、20代前半なんてそんなもんだと思いたい。

遊んでばかりだった自分を振り返って、全く頭がどこまでも下がる思いです。

Sponsored link

子供支援の道に足を踏み入れたきっかけ

教育学を専攻していた学生時代の経験が、この道に踏み込む最初のきっかけになっているようです。

谷口氏が家庭教師のアルバイトをしていた時に担当していた子供が、校内暴力が激しく手がつけられない状態でした。親御さんはとても立派な地位を持っている方で、恵まれた家庭の子供がなぜそんなことを?と頭を悩ませながら通ううちに、実はその子は両親から虐待を受けていることが分かます。

谷口氏は家庭教師の仕事の枠を越え、本人のケアと同時に家庭や学校との橋渡しに奔走し、その子を自立させることに成功します。ですが、家庭教師の仕事続けていると、ひきこもり、不登校、いじめなどのケースに何度も出会う。

その度に問題に取り組んでいくうちに、家庭の中に入っていかないと解決できない問題があることを身に染みて実感することに。

さらに、行政や支援団体にも税金が割かれ支援は拡充しているはずなのに、なぜ結果が伴っていないのか?という疑問にぶち当たります。その答えが、「本当に支援が必要な人たちは施設に来ることができないからではないか。そうであれば、別の方法が必要だ」ということでした。

谷口仁史氏は卒業から現在まで、その時に得た答えを具体的な方法論として確立し、全国に広げていく活動を続けています。

谷口仁史の仕事

彼の仕事のキーワードは“アウトリーチ”(訪問支援)。これまでの施設型支援ではなく、自分から足を運んでアプローチしていこうとするやり方です。

これまでの行政は施設支援型を中心に支援策を拡充してきました。それでもひきこもりや不登校は減らない。それどころか、いじめに関わる問題は深刻さを増すばかり。

その方法論に問題提起し、自ら積極的にアプローチしていくやり方を、全国にメソッドとして広げていこうとする活動をしているのが「NPO団体SSF」です。SSFに救われた若者の数は万を優に越えています。

彼の仕事を調べていくうちに、臨床心理学者カール・ロジャースの姿が被ってきました。

全ての人間は、自分自身のなかに、個人的に満ち足りた、社会的にも建設的な方向に、みずからの人生を導いていく能力を持っている。ある特定のタイプの援助関係のなかで、私たちは、その人間がみずからの内面の智恵と自身を発見していくように援助することができる。その人びとは、ますます健康で、ますます建設的な選択をするようになるだろう。
カール・ロジャース

カール・ロジャースがどういう人物だったかをものすごく簡単に説明すると、
カウンセラー・療法家と呼ばれる医者気取りの人間がクライアントに向かって喋ってばかりだったそれまでのカウンセリングを、人と人との純粋な対話と考え、徹底的に来訪者の話を聞き、共感し無条件に肯定していくことでクライアントを癒すという方法に変えた人です。

谷口仁史氏の活動は、きっとこれからもっと多くの若者を救うでしょう。そして、救われた若者は、またたくさんの人を救うでしょう。そうして少しずつ、不遇にある人にとって世の中が暮らしやすくなっていくのかな、と夢のようなことを考えてしまいます。

具体的に何かが出来るわけではありませんが、谷口仁史の名を覚えてSSFを応援しています。

Sponsored link

疑問、質問、反論、感想などございましたらお気軽にどうぞ!

*