「離婚して良いよ。無理しなくていいからね」小6の娘の一言で離婚を決意。田中律子が15年間の結婚生活を終えた理由

「離婚して良いよ。無理しなくていいからね」小6の娘の一言で離婚を決意。田中律子が15年間の結婚生活を終えた理由

2012年、娘の「無理しなくていいからね」という一言で離婚を決意し、15年間の結婚生活にピリオドを打った女優の田中律子。旦那の杉本学はどんな人だったのか。15年待ったのはやはり娘のためだったんでしょうか。

その後めっきりTVに姿を見せなくなりましたが、離婚の原因について調べてみました。

田中律子プロフィール
田中律子
名前:田中律子(たなかりつこ)
出身:東京都
年齢:42歳
生年月日:1971年7月17日
身長:159cm
血液型:O型

ゴリゴリのアウトドア派で趣味はスキューバダイビング。インストラクターの資格も持っています。

通っていた学校に「髪を切れ」と言われて、他の学校に転校したというエピソードが有名です。このエピソードを「自分をもってる!しっかりしてる!」なんて言ってもてはやすメディアもありますが、冷静に考えてこれ頑固なだけですからね!?

結婚したのは1997年。お相手はカメラマンの杉本学さんという一般人男性でした。CM現場のアシスタントカメラマンとして働いていたところに、田中律子が一目ぼれ。アプローチを繰り返して、5年間の交際を経てのデキ婚でした。

杉本学さんは田中律子とは真逆のインドア派。CMフィルムのフリーカメラマンとして活動しています。

その後娘・田中さやさんを出産し、幸せな結婚生活を送っているように見えて内情は鉄壁の仮面夫婦だったらしく、2012年に離婚してしまいます。結婚生活実に15年。なぜ今になって離婚に踏み切ったんでしょうか。

Sponsored Link


これまで離婚しなかった理由

実は娘を出産してすぐに離婚については考えていたらしいです。それでも田中律子がこれまで離婚しなかった理由は、主に2つ。

ひとつは、イメージと仕事の問題。
“良い奥さん”のイメージを前面に押し出す仕事が多かったため、「ここで離婚は出来ないな・・・」とずっと悩みながら結婚生活を続けていたそうです。

もうひとつはやっぱり娘のこと。
これは離婚には絶対ついて回る問題ですね。娘にはやっぱり父親がいた方が良い。離婚したい理由がDVとか借金とか子供に危害が加わりそうな問題でなければなおさらです。

それでも離婚しちゃった理由

それでも離婚に踏み切った最大の理由は娘の一言だったと語っています。

当時小6だった娘・さやさんに「ママ、離婚していいよ。ムリしなくていいよ」とと言われ離婚を決意。

小6っすよ!どんな殊勝なお子さんやねん。親にとって子供の笑顔が大切なように、子供にとってもやっぱり親は笑顔って大切なんでしょうね。お母さんとお父さんのやりとりを見ていて、急激に大人の階段を上ったんだろうなぁ。

余談ですけど、僕も急激に上った経験あります。小4ぐらいの時に友達の家に遊びに行ったら、おじさんがおばさんにめっちゃDVしてました。あれは怖かったですよ~。友達もそんなところに人を呼ぶくらいですから、なんか大事なところがマヒしてたんでしょうね。

田中律子さんちはDVとかそういうのはなかったみたいですけど、仮面夫婦になってしまった理由は色々と言われています。

事務所は「性格の不一致では。アウトドア派の田中とインドア派の夫の生活観のズレが積み重なった」と説明しています。出産を機に夫婦仲は冷え切って、会話もなくなり、その後13年間ずーっと仮面夫婦だったそうです。

アウトドア派とインドア派って、それだけで離婚するかぁ?と思ってしまいそうなとこですが、小さなズレが積み重なって色々あったんでしょうね。大体、人にきっちり分かりやすく説明できたら仮面夫婦にはなってないわけでw

お互いに自分でも分からないことがたくさん積み重なっているんだと思います。

まとめ

複雑な問題なんでなんとも言えないとこではあるんですけど、離婚とかそういう問題ってお互いのわがままなような気もしなくもないんですよね。ないものねだりと言うか。不倫はまた別ですけど。

別に批判するわけじゃないですよ。田中律子と杉本学さんの間にしか分からない色んなことがあったわけですし。でも二人の間に起こったことを、それ以外の人としか共感できないって、なんだか悲しいなーと。

かく言ううちの親も仮面夫婦ですけどね。家に帰っても仲良さげに喋ってるの見ないし、愛してるとかそういうのもなさそうですし。父親と母親が男と女って、息子の視点からすると気持ち悪くて考えたくもないですが。それでも結婚生活が続いてるのは、母曰く「離婚するのもめんどくさい」からだそうです。

バイタリティ!

息子は悲しい・・・。とはいえ兄弟みんな良い歳なんで、勝手にやってくれーって感じですけど。

その点、田中律子は自分の希望に向かってバイタリティを燃やして離婚したわけですから、前向きで素敵です。本人も「もっとはやく離婚しておけば良かった」と語っています。

離婚後は独身生活を満喫されているそうですよ。田中律子本人に「いいね!」ボタンがついてたら押したいところです。

Sponsored link

疑問、質問、反論、感想などございましたらお気軽にどうぞ!

*