整骨院で働いてた僕が語る整骨院の表と裏側。

整骨院で働いてた僕が語る整骨院の表と裏側。

 現在、僕は整骨院で働くのをやめて、フリーの状態で日々を過ごしています。

務めたのは5〜6年で、最終的に分院長までさせてもらいました。
そんな僕が整骨院で働いて思ったことをこの記事にぶつけたいと思います。

Sponsored Link


なぜ整骨院で働こうと思ったのか??

悩む人
まずは、整骨院で働こうと思った動機を教えたいと思います。

高校三年生の時、何か手に職をつけたいと考えていた僕は専門学校に行こうと考えていました。
そこでスポーツと医療の両方を備えている柔道整復師に目をつけました。

柔道整復師とは、いわゆる整骨院で働いている人たちです。
この資格は、スポーツトレーナーのような側面もあり、人の怪我を治すという側面もあったし、あまり知られてないのが、とても魅力に思えたからです。

そこで、進路を確実にして柔道整復師の専門学校に3年間通いました。

勉強を頑張って資格を取り、晴れて整骨院で働くことになったのですが……

働き始めて思った事

柔道整復師は、患者さんの怪我を治す職業です。
腰痛
しかし、現実は全く逆!!

来る患者さんはほとんど、高齢者
そして怪我という怪我はあるわけなく電気を当ててマッサージをして、『気持ち良かった。ありがとう』で終わりです。

専門に在学中、整骨院は、高齢者で成り立ってると小耳に挟んでましたが、まさかこれほどとは思いませんでしたね。

僕が働いてた整骨院は、まだマシな方で、ちょこちょこ外傷性の患者さんも来ていました。

例えば、肩脱臼、足首や指の捻挫、骨折、筋肉の挫傷。

本来ならこれらの怪我を治すのが柔道整復師の仕事です。

整骨院によっては脱臼なんか見たことも触ったことも治したこともないと言う先生の方が多いです。
実際に脱臼や骨折した患者さんが整骨院に来ること自体が少ないのも原因の一つですが。

あなたがもし脱臼、骨折したら、整形、整骨院どちらに行きますか?
整形外科
大半が整形に行くと思います

昔ほど、整骨院はその面では活躍できないようになってしまいました。

ちなみに整骨院は肩こりや腰痛など慢性的的な症状は保険を使ってはいけません。
保険を使うということは、国からの医療費を使うと言うこと、すなわち国民のお金を使うということです。
しかし、整骨院の経営で外傷だけで成り立たせるのは、簡単ではありません。

昔ながらの整骨院はいきなり自費治療に切り替えて経営は難しいのも現実。

それほど整骨院という業界は、グレーなものでした。

この現実に最初は愕然としましたが、上司が良い人というのもあり、心に引っ掛かりがあることを見捨てて仕事に一生懸命頑張りました。

その甲斐があり一年半くらい経験を積んで本院から離れ分院で働かせてもらい、院長を経験させてもらいました。

院長になって感じた事

分院とはいえ、院長を任される事になりましたが、自分が一番上の立場になり上司がいない状態はとてもきついです。

治療するのも一人で患者さんの世間話くらいならいいのですが、肩こりや慢性的な症状に対して愚痴を言われる事に自分自身が疲れてしまったのです。
周りに先生がいれば負担も軽くなるとは思うのですが、分院長になってから一人でしていたので負担のかかり方も尋常じゃなかったです。

これに見合って給料も上がってくれれば、もうちょい頑張れたとは思うのですが、なかなか上がらず、仕事量と給料が見合ってないような状態になり、精神的にも肉体的にも疲れ仕事を辞めようと決心したのです。

整骨院で働いて学んだこと。

患者さんの話を聞いたり、体を治すのが楽しいと感じれる人はこの仕事は向いているかもしれません。
しかし、あまりにも忙し過ぎるのも良くないと僕は考えます。

たまの休みは勉強会で潰れたり、日曜の休みは疲れてどこにも行く気がしない
僕に体力がないと言えばそれまでですが、人間無理をすれば必ず体調を崩したり精神的に病んでしまいます

だからこそ、一度仕事を辞めてみようと思ったのです。

仕事を頑張ってはいたのですが、それで幸せを感じれてるかな?と考えてしまった時が一番決定的でした。

最初は、開業を目標にしていましたが、気持ちは離れ整骨院に魅力を感じなくなってしまいました。

簡単に言うとこの仕事が好きではなくなったんです。

整骨院の業界はこらからますます厳しくなります。

あなたの住んでいるとこには整骨院は何件ありますか??

場所によっては、コンビニより多いとこもあるかもしれません。

僕のいた整骨院の周りには、田舎でしたが、7件はありました。
田舎で人が少ないのに整骨院が増えれば経営が難しくなるのも当たり前です。

開業は考えてないという人は問題ないかもしれませんが、開業したいと考えてる人は、しっかりと勉強をして経営も技術も学ばなければいけません。

ほとんど、自分の時間がなくなります。
整骨院で成功している人の一部は、自分の時間を持ち趣味などに時間を使う余裕があったりしますが、ほとんどの経営者は、時間に追われ忙しい毎日を送ることが多いです。

この業界で成功をするのはとてもきついと僕は思います。

僕の中で成功とは、幸せを感じることができているか?になるので、自分の時間もないような働き方は幸せには思えず、大変だと考えています

あくまで僕の意見なので、整骨院が大好きで、そんな状況でも幸せと心から思えるのなら何も問題ないと思います

人それぞれ感じ方は様々なので一概には言えません。

仕事だけに自分の時間を取られたくないという人は向いてないのかもしれませんね。

結果、僕から言えることは整骨院で働くのはオススメはできません。

Sponsored link

疑問、質問、反論、感想などございましたらお気軽にどうぞ!

*