全国的に整骨院が増え続ける理由

全国的に整骨院が増え続ける理由

あなたの街に整骨院はいくつありますか??

もしかしたら場所によっては、コンビニより多いかもしれませんね。

昔に比べ、その数は圧倒的に増えており、今も増え続けています。

なぜこんなにも整骨院が増えるのか??
整骨院で働いていた僕がその理由を教えていきましょう。

Sponsored Link


整骨院とは、何をするところなのか?

整骨院では何をしているかご存知ですか??
大体の整骨院は、高齢者を相手にマサージをして、体を癒しているみたいなことをしています。

しかし、本来の整骨院の業務は、脱臼や、骨折、筋肉の挫傷(肉離れ)の治療です。
『肩が凝ったから整骨院で揉んでもらおう』基本的にダメです。

これは知らない人が結構多いですが、いけないことなんですね。
整骨院では肩こりは保険を使って治療してはいけません。

肩こり
もし、肩こりの症状改善にどうしても肩を揉んでほしかったら保険を使わないようにしましょう。

つまり、全額負担をするということです。
そうすれば、保険を使わずに肩のコリをとってもらったということになります。

そして、原因のない慰安目的のマッサージは、保険の適用はできません。

なぜ肩こりは保険を使ってはダメなのか??

整骨院で保険が使えるものは、捻挫、脱臼、骨折、筋肉の挫傷(肉離れ)です。
それ以外は、保険適用外です。
にもかかわらず、ほとんどの整骨院は肩こりや腰痛、筋肉疲労などを保険を使って治療をしています。

一体どうやってカルテに記載しているんでしょうか??
整形外科
ここが整骨院の嫌なところなのです。
肩こりできた患者さんに、『肩こりは保険適用外です。』と説明するところはまだ親切な方ですが、中にはそのまま肩こりでも問題ないみたいな顔で治療するとこもあります。

肩こりで来たつもりの患者さんはカルテのことなど気にもしないでしょうが、保険を使うことになればカルテには記載が絶対必要です。
その時にカルテに肩こりとは絶対書きません。

大体が、肩関節捻挫と書いて保険が使えるようにしています。
肩こりは、捻挫なのでしょうか?

腰痛の場合はどうでしょう??
腰痛は腰部捻挫と書かれます。

大腿部の筋肉痛は、大腿部挫傷と書かれます。

これをあなたはグレーだと思いますか?
それとも完全にアウトだと思いますか?

nayamu

しかし、全ての整骨院がこんな風ではないです。
中には、真面目に肩こりできた患者さんには保険の説明をして、『保険を使わず全額自費でお願いします。』ときっぱり言う先生もいます。

実は、肩こりを保険を使って治療は、今に始まったことでなく、昔から肩こりの患者さんに保険を使い治療をしていました。

昔は、整骨院も少なく、肩こりでの保険診療もそこまでうるさく取り締まってはいませんでした。

なぜ昔に比べて現在は、肩こりで保険はダメだと厳しくなったのか??

それは整骨院が増えたからです。

整骨院が増えるということは、保険の診療も増えるということです。

保険診療は、国の医療費を使い治療をすることになります。

整骨院激増により、国が支払う医療費が増えます。
そして医療費を節約するために、整骨院の保険治療に対して強く取り締まるようになったのです。

その一つが患者アンケートです。

患者アンケートとは?

整骨院に行ったことがある人の中では経験があるかもしれませんが、患者アンケートが家に届くことがあります。

この内容には、『あなたは肩こりや慢性的な痛みで整骨院を受診しましたか?』といった質問が書いてあり、肩こりで行きましたと答えて提出すると保険適用が難しくなってしまうのです。

肩こりで整骨院に行かきゃいいだけの話ですが。
長年通っている人にとってはめんどくさくなる話でもありますよね。
やる気が出ない

整骨院が増えたのはなぜか?

整骨院で必要な資格は柔道整復師と言います。
この資格は、専門学校や大学で専門知識を3年間勉強し、国家試験に合格しないといけません

昔は柔道整復師の専門学校は少なく、国からの規制が厳しいのもあり、知名度も少なかったのですが、国の規制緩和により、一気に専門学校が増えてしまいました。

これにより柔道整復師の知名度も上がり、柔道整復師もまた一気に増えていったのです。

近年では受験者数は、7000人前後です。

合格者数は、平均4500人前後です。
毎年、4500人の柔道整復師が誕生しています。

柔道整復師は、整骨院の開業権が与えられ、合格した全員が開業のチャンスをもらえるわけです。
そうなれば自然と整骨院が増えるのは当たり前ですよね。

整骨院が増えることで起こるデメリット

 
柔道整復師の仲間が増えるのは嬉しい反面、開業する人も増えるために、整骨院も増えていきます

そうなれば、患者さんの取り合いにもなるので、経営は厳しくなるのもわかると思います

簡単にいうと、ピザを二人で分けるなら、お腹いっぱい食べれますが、食べる人数が増えれば、食べれる数も限られるというわけでです。

昔は整骨院を開業すれば、ベンツが買えると言うくらいリッチな職業でしたが、今現在は、開業しただけでは、ベンツどころか潰れないようにするために、みんな必死で経営の勉強をしています。

その分患者さんにとってはサービスも充実するとは思いますが、近年は本来の怪我を治すということから離れていき、過剰なサービスにより整骨院本来の形が変わってきています。

やはり、この側面から見ても柔整師が増えることで、デメリットの方が目立って見えるように僕は思います。

整骨院に行くのが悪いことのように書いて見えますが、悪いのは肩こりや原因のないものを保険を使って治療することです。

それ以外の部分では僕は整骨院は整形より勝っていると考えています。

働いていた頃は、患者さんから『整形に行ったが湿布を渡されただけで痛みが取れない』と悩む方もたくさんいました。

そんな時に整骨院での治療は僕は最適だと考えます。
整骨院の先生は、整形の先生に比べて患部に触れる時間が長く、患者との距離が近いです。
そして一番良いのは、人の手で触ってあげるだけで、痛みを和らげたりできることです。
問診
もしあなたが、肩こりや腰痛が治らないと悩みがあるようでしたら、近くでも遠くでも信頼できる整骨院の先生を見つけて保険を使わずに診療することをオススメします。

Sponsored link

疑問、質問、反論、感想などございましたらお気軽にどうぞ!

*