【五輪パクリ問題】佐野氏に対するデザイナー達のTweetに意見したい

【五輪パクリ問題】佐野氏に対するデザイナー達のTweetに意見したい

オリンピックの盗用疑惑が出て、佐野研二郎氏を擁護しているデザイナーの人もいたり。「そんな風に前向きに捕らえるデザイナーさんもいるのね」と端から眺めてたんですが、いろいろと思うところがあったのでぶちまけちゃおうと思って超個人的な意見を記事にしました。

Sponsored Link


あかん。これはあかん。

僕は完全に森チャックさん派。
駄目だと思ったらソッコーでひるがえす潔さを尊敬します。
ほんとダメ。
デザイナーを名乗ることすらおこがましい。

コンセプトとプロセスが違う

デザインは問題解決という話にはとても共感します。
制作の過程で「T」の字がガッツリ似てくるというのも、ある意味仕方のないことだとは思います。

ですが、どれだけ試行錯誤を繰り返して、凝ったプロセスの元に出来上がったとしても、ユーザーからしてみればそんなこと知ったこっちゃありません。
パッと見の印象が全てですよ。

盗作をする意図があったかどうかは別にして「似てる」と思われたら肝心の問題解決どころか、別の問題を誘発してしまうのではないでしょうか。
今回の騒動の様に。

専門家でもないのに

「専門家でもないのに」
これプロが一番言っちゃいけない言葉だと思います。
きっと武田さんが専門家でも同じことを言うでしょう。

専門家を相手にご飯を食べてるわけでもあるまいし、事実がどうあれユーザーにパクッてると思われたらデザイナーなんかそれまででしょうよ。

Sponsored link

似てくるものなど星の数

似てくるのは星の数ほどあるのはわかります。でもその一つ一つはオリジナルではなくとも、ユニークであるべきです。
そのユニークさを追求していくからデザイナーには価値があるんでしょう?

佐野研二郎氏の何が一番問題かって、著作権うんぬんとか、似てくるものが腐るほどあるとか、そういうことじゃないんですよね。
単純にさぶい。かっこ悪い。これに尽きると思います。

問題は審査の方でしょう

この意見にはかなり共感できました。
「審査員の見識が浅かった」ってことですよね。

もうかなり騒動が広がってしまっていて、五輪エンブレム以外の件にまで話が及んでいるので“応募者に責任はない”とすると違和感を感じてしまいますが、“五輪エンブレムの件”に関しては概ね同意です。

まとめ

中には「世間の人たちはデザイナーを舐めている」「芸術やデザインを批判している人はそれにらについての教養をほとんどもっていない、デザインの世界を知らない人たちだ」という過激な意見もありました。
じゃあ身内だけで商売してろと。

デザインに対するリテラシーなんか、持ってない人が大多数です。
それを押し付けがましく教養がないと言い切ってしまう意見にはどうしても共感できませんでした。

五輪エンブレムの件と他の数々の盗作疑惑の件は全く別の問題として考えるべきという意識はあるのですが、Twitterの発言は前後の経緯を拾ってくるのが難しくて、反論は的外れな意見になっているかもしれません。

と、超個人的な意見であることを再度付け加えてここいらでお暇します。

関連

Screenshot佐野研二郎が反日在日韓国人である証拠とソース。サザン桑田の日の丸土下座も?
騒動は過熱して、本名は朴尊簸で在日韓国人であるという噂まで持ち上がってきました。具体的な名前が出てくるということは、それなりのソースがあったと言うことなので、そこんところを少し掘り下げていきます。

Screenshot佐野研二郎氏のパクリ問題に審査委員の永井一正氏がコメント。この今更感。
今まで審査員側のコメントは全く発表されていなかったわけですが、ここにきて佐野研二郎氏のデザインを選んだ審査員側から代表として永井一正氏がコメントを発表しました。

Screenshot【五輪パクリ問題】佐野研二郎氏の原案公開。原案もパクリじゃん!
大会組織委員会は28日、都内の会見で佐野氏がデザインしたという原案を公開。ベルギーのリエージュ劇場ロゴとの違いを主張し、改めて盗作疑惑を否定しました。だからもうパクッたかどうかとか、そういう問題じゃねえって言ってんだろうが。

Screenshot【五輪パクリ問題】佐野研二郎が原案もヤン・チョヒルト展からパクッてた件。さすがに使用中止に。
パクったとされる元ネタは銀座で開かれたモダン・タイポグラフィの巨匠、ヤン・チョヒルトの展覧会のロゴ。佐野研二郎氏が展覧会を知っていたと思われる証拠も揃っている。エンブレム使用中止を受けて一応は決着を見たものの、今後の展開に注目が集まる。

Sponsored link

疑問、質問、反論、感想などございましたらお気軽にどうぞ!

*