【五輪パクリ問題】佐野研二郎氏の原案公開。原案もパクリじゃん!!

【五輪パクリ問題】佐野研二郎氏の原案公開。原案もパクリじゃん!!

大会組織委員会は28日、都内の会見で佐野氏がデザインしたという原案を公開。ベルギーのリエージュ劇場ロゴとの違いを主張し、改めて盗作疑惑を否定しました。

だからもうパクッたかどうかとか、そういう問題じゃねえって言ってんだろうが。

Sponsored Link


公開された原案

原案

これがその公開された原案と修正案。

大会組織委員会によると

原案は決定版よりも「T」が強調されていた。しかし、原案は似ているデザインが見つかったため、修正を依頼した。

 修正案が示され「円」の要素が出てきた。しかしこれも、左端にも角がデザインされ「躍動感がなくなった」という理由から、再修正を依頼したという。そして完成したのが現在公表されている五輪エンブレムとなった。

原案もパクってんじゃねえかwwwwww

Screenshot【五輪パクリ問題】佐野研二郎が原案もヤン・チョヒルト展からパクッてた件。さすがに使用中止に。
パクったとされる元ネタは銀座で開かれたモダン・タイポグラフィの巨匠、ヤン・チョヒルトの展覧会のロゴ。佐野研二郎氏が展覧会を知っていたと思われる証拠も揃っている。エンブレム使用中止を受けて一応は決着を見たものの、今後の展開に注目が集まる。

っていう野次はまあ置いといてですよ。似ているデザインが見つかったのならそっちも見せてもらいたいところですが、原案をパクったのかどうかは分かりませんし、それは百歩譲って置いといてですよ。

この期に及んで「パクってない」の一点張りで案を通そうとする大会組織委員会の姿勢がものすごい気に入らないです。

永井一正氏の言うように「このエンブレムがCMなど色々な形で使われてゆけば、よさが伝わると思う」っていうのは分かります。品や優雅さのある葛西薫氏のものよりPOPだし、躍動的。このデザインが一番扱いやすいっていう理屈は分かるんですけど、もうそういう問題じゃないんですよ。

右:葛西薫 左:原研哉(長野オリンピック開会式プログラム表紙)
東京五輪エンブレム 原研哉 葛西薫 最終選考

※追記
8/28
当初は東京五輪ロゴの最終選考に残った他2案として掲載しておりましたが、右側は原研哉がデザインしたロゴは長野オリンピックのものだというご指摘を頂きまして修正しました。ご指摘ありがとうございました。エンブレムですらありませんでした。恥ずかしい・・・。
原研哉の2020東京五輪のロゴは見つけることが出来ず、差し当たりテキストだけ修正して画像はそのまま掲載しておきます。

原研哉ファンとしてはめちゃくちゃ見てみたいので、もし情報を持っている方がいらっしゃいましたら教えていただければ幸いです。

Sponsored link

さっさと選びなおそうや

これだけ世界中で話題になって、実際このエンブレムがCMやグッズで使われて、国民の8割が思うことは「恥ずかしい」ですよ。後の2割は「どうでもいい」です。

外国から来た人は「ああ、あのパクったヤツね。」ってなるでしょう?

もう何度も言ってますけど、五輪エンブレムを実際にパクってるかどうかなんて、もうどうでもいいんです。それ以外の問題が噴出しすぎ。その収拾もないままに「パクってない」って言っても火に油ですよ。

「デザインが採用されて実際のグッズなどで販売されれば200億近い金が動くから、意地でも博報堂で通したい」とか思われても何も言えませんって・・・。

結局どうなるの?

この「原案は似ていなかった」という話に、ベルギー人デザイナーのオリビエ・ドビ氏は「もともとのロゴが、今とは違い、修正を加えたのであれば、修正前に戻せば、問題は解決します」と返答しています。

至極真っ当。

でも修正前に戻したところで原案は似ているデザインが見つかっているのでもう八方塞ですね。

オリビエ・ドビ氏がIOC(国際オリンピック委員会)を相手取りベルギーの裁判所にエンブレムの使用差し止めと、それを使った企業や公的機関に5万ユーロ(約690万円)の賠償金を払わせるよう提訴していることは既に報じられています。

IOCが負けても、日本で日本の法律の下で裁判をしないと日本に法的効力は及ばないわけですが、オリビエ・ドビ氏はそのことも視野に入れていると言われています。

もし裁判になったら「弁護しきれないのでもう謝ってください」と言われた佐野氏に対して、オリビエ・ドビ氏につくのはベルギー王の顧問も務める最強の弁護士。しかもヨーロッパにおける芸術分野の著作権法制を作り上げた人物です。

勝てたら奇跡ですよ。

万が一勝てたとしても、そんな泥のついたエンブレムはハッキリ言って御免です。その辺のことは、大会組織委員会どう考えているんですかね?

17日に発表したICOへの使用差し止めの提訴についての組織委の立場が以下。

「我々の詳細な説明に耳を傾けようともせず、自らの主張を対外発信し続けたうえ、提訴する道を選んだ態度は公共団体としての振る舞いとし ては受け入れがたい」と、非難する声明を公表した。

組織委はアートディレクターの佐野研二郎さんがデザインしたエンブレムを「独自の創作行為に基づく完全にオリジナルな作品」としたうえで「大会の価値や メッセージを包含し、1964年(東京五輪)のエンブレムとの結びつきも示した作品」と改めて正当性を主張した。国際オリンピック委員会(IOC)も「エ ンブレムは大会のメッセージを反映させたオリジナルな作品。この議論は終わりにすべきだ」

韓○か!

日本人としておらぁ恥ずかしいっすよ・・・。

関連

Screenshot佐野研二郎が反日在日韓国人である証拠とソース。サザン桑田の日の丸土下座も?
騒動は過熱して、本名は朴尊簸で在日韓国人であるという噂まで持ち上がってきました。具体的な名前が出てくるということは、それなりのソースがあったと言うことなので、そこんところを少し掘り下げていきます。

Screenshot盗用疑惑で騒がれているデザイナー佐野研二郎氏に対するデザイナー達のTweetに意見したい
オリンピックの盗用疑惑が出て、佐野研二郎氏を擁護しているデザイナーの人もいたり。「そんな風に前向きに捕らえるデザイナーさんもいるのね」と端から眺めてたんですが、いろいろと思うところがあったのでぶちまけちゃおうと思って超個人的な意見を記事にしました。

Screenshot佐野研二郎氏のパクリ問題に審査委員の永井一正氏がコメント。この今更感。
今まで審査員側のコメントは全く発表されていなかったわけですが、ここにきて佐野研二郎氏のデザインを選んだ審査員側から代表として永井一正氏がコメントを発表しました。

Screenshot【五輪パクリ問題】佐野研二郎が原案もヤン・チョヒルト展からパクッてた件。さすがに使用中止に。
パクったとされる元ネタは銀座で開かれたモダン・タイポグラフィの巨匠、ヤン・チョヒルトの展覧会のロゴ。佐野研二郎氏が展覧会を知っていたと思われる証拠も揃っている。エンブレム使用中止を受けて一応は決着を見たものの、今後の展開に注目が集まる。

Sponsored link

疑問、質問、反論、感想などございましたらお気軽にどうぞ!

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By men

    右側のは原研哉がデザインした長野オリンピック開会式プログラムの表紙ですよね?

    http://www.ndc.co.jp/hara/works/2014/08/naganoolympic.html

    • By Casse Pierre

      うおおおお!ご指摘ありがとうございます!早速修正しました。検索して出てきたものをそのまま勘違いして載せてしまっていました。恥ずかしい!

疑問、質問、反論、感想などございましたらお気軽にどうぞ!

*