レターポットに似てるアレをご紹介。わかったのは自分を信じれるかどうか。信用持ちはお金持ちだ!ということ。

レターポットに似てるアレをご紹介。わかったのは自分を信じれるかどうか。信用持ちはお金持ちだ!ということ。

いろんなブロガーがレターポットの説明をしてますが、結局は使ってみないとわからないと言う結果になります。今までにないツールなので理解されにくいところがあるようです。

レターポットはキングコング西野さんが立ち上げた新事業です。詳しい説明はこちらをご覧ください。

こちらの映像はまだ会議段階の映像で、換金システムが入る予定だったそうですが、西野さんが「換金はしない」とストップをかけたそうです。でもでも、使っていくうちに換金システムいらないって納得できました。

僕も姉にオススメしたんですが、「換金機能ないならなおさら意味ない。LINEでいいやろ?」と言われて反論することができず、終了。W

レターポッターとしてレターポットを広めることができず申し訳ないです。 w
ハリーポッター引用:daily news agency
誘い方を僕が間違えていました。レターポットは強要することじゃないんですよね。自分からレターポットに興味持たないと使っても意味がありません。

水を飲む場所まで案内できるけど、飲むかどうかはその人が決めること。みたいな感じです。

それに僕も最初は、換金機能が付いていると勘違いして始めた下心丸出しな男だったし、しかし、今では毎日誰にレター送ろうかなぁとツイッターで探し回ってます。w

本当にいろんなことを学べますよ。

そして今日!!車を運転中に気づいたんですが、レターポットのシステムってアレに似てるなぁって思ったんです。

Sponsored Link


レターポットに似てるシステム。

レターポットは、お返しをしなくていいと言うことが大前提で、「レターを送ったからお返しして!!!」ではなく、違う人に送ってどんどんレターを回していくことが重要です。

つまり、「レターポットという名の経済をみんなで回していこうぜ!」ってことですね。

これに似たことをした人物がいました。心屋仁之助という人物です。
心屋仁之助

簡単にこの人を紹介しますと、心理カウンセラーです。普通の心理カウンセラーと違うのは本人が一番楽しんで人生を歩んでいるということですかね。

心屋さんが考えた神社ミッションという自分のお金に対する価値観を考え直す方法があるのですが、これがまた面白い。

神社ミッションとは、『神社のお賽銭に一万円を入れる』というミッションです。
賽銭箱
自分が損をするという一見無駄にも見える行為ですが、これがやってみると自分の中にあるお金の価値観が見えてきます。(僕は3000円くらいしか入れてないですけどねw)最近神社に行けてないので、今度の休みにでも500円ほど持ってお賽銭してきます。

レターポットも基本は同じ。文字を買ってから相手に気持ちを伝える。一見すると損をしているように見えるけど、レターポットは恩送りが原則。どんどん回っているので、なくなれば誰かに「助けて!!」と頼めば全然オッケー。

神社ミッションは賽銭箱に入れることで、無駄なことに使ったように見えて神社は潤い、その地域の守り神が力を発揮してくれるかもしれないし、お金の価値観を自分で再確認することもできます。

一万円を神社に入れることは良いことなのに、そわそわしたり周りの目を気にしだしたりなど、思わぬ自分を見つけれるのです。

実際は神社ミッションでお金の価値観が変わり、巡り巡ってお金が回ってきた人がはたくさんいるみたいですよ。僕も3000円をお賽銭に入れた月は、ボーナスが10万円になりました。前まで5万だったのに。w

これが神社ミッションの効果です!!!というわけではないですが、お金のお勉強のつもりでやると、まじでお金の価値観が変わります。

レターポットは文字をお金で買う、相手にお金をかけて買った文字を送り感謝される。神社ミッションは一万円をお賽銭に入れることで目に見えない力、目に見えない他力に感謝できる。

どちらも共通しているのは、見返りを求めてない。ってことですね。

面白い。お金といううのは普段と違う形(常識外)で使うと思わぬ発見を与えてくれます。人間って自分が持ってる物は価値が高いって考えちゃうので、無駄なことにお金は使いません。

その証拠に、メルカリで物を売る時、買った時の値段より高く売ったりしてるし。不思議ですね。

一万円札も印刷するのにかかるお金は、20円です。なので実際あなたが持っている一万円の価値は20円なんです。それなのに、1万円をお賽銭に入れる勇気が出ないのは、一万円は一万円の価値があるとあなたが信じているからです。

僕たちの一万円札は実は20円の価値だけど、日本中のみんなが信じてくれるから一万円として日々、活動しているだけです。

お金が集まる人とは?

お金は誰でも欲しいと思います。僕も欲しいです。お金をもらうにはどうしたらいいのか??お金を払いたくなる相手って信用できる人だからですよね?

では信用されるにはどうしたらいいのか?簡単でいて難しい………それはをつかないこと。

自分にも人にも嘘をつかないこと。嫌な仕事してるのに、自分を騙して我慢したり、好きなことしたいのに我慢したり、自分の心に嘘をついてしまうとどうやらお金は逃げていくみたいです。

お金=信用値なので、信用をたくさん持っている人=お金を使いたくなる存在ということになります。  あなたは人から信じられてますか?自分に嘘はついてないですか?

ベタですが、人を信じるには、まず自分を信じて次に相手を信じないとダメみたいです。ちなみに僕は時々を自信なくす。w

もっと自分をさらけ出し、心の奥底に眠る自分の本音と向き合ことにします。
任せなさい
こちらのブログをみてください。目から鱗ですよ。

小学6年生が心屋を信じた結果。

たくましすぎる。正直言ってこの子のYouTubeが面白いとは思えませんが、自分に嘘をつかずに、やった結果がこれなんですよね。

かっこいいぜ。心の底から尊敬します。勇気もらったからあとは、行動に移すだけだな。

大丈夫。

クレジットカードがなくても誰かにレターを送ってもらえれば使用することが可能なので、レターポットを始めたければ僕からレターを送らせてください。

僕のツイッターを貼っておきます。

このツイートの返信にでもあなたのレターポットのリンク先を貼っていただければ、最高です。

あと「使ってたけど、レターがなくなった」という人も、お助けさせてくださいね。

それでは失礼します。

 

Sponsored link

疑問、質問、反論、感想などございましたらお気軽にどうぞ!

*