ツタヤの『敢えて見ない借り方』をした感想。メリットデメリットをご紹介。

ツタヤの『敢えて見ない借り方』をした感想。メリットデメリットをご紹介。

普段からTSUTAYAさんにお世話になる私ですが、TSUTAYAにおいてある『あえて見ない借り方』という棚があり、そこには映画評論家や有名人、TSUTAYAの店長がオススメするDVDが置かれてました。

面白いのは、なんの映画なのかわからないんです。
DVDケースの表紙には、キャッチコピーやオススメなセリフしか書かれてません。

例えば、『人類誕生の昔話を科学者からの視点で語ったお話』とか『おばさんスパイが奮闘!!そして、普通なら最強の殺し屋であるはずのアクション俳優が最後までダサいのは必見ですよ』みたいな感じで書かれてるんです。

(この二つは、『インターステラー』と『スパイ』でした。)

僕は最初は、面白いことするなーって思ったんですが借りようとは思いませんでした。
借りたいものを確実に借りたいし、面白くないものだったら時間の無駄のような気もするし気持ち的には興味なしって感じでした。

TSUTAYA
でも最終的には借りたんです。

というのも『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー2』を借りようとTSUTAYAに入った時に、「映画一本だけ借りるのは味気ないなー、でも他に借りたい映画とかないしなぁ」って路頭に迷っていたところ『あえて見ない借り方』の棚で足が止まり借りて見ることに。

めっちゃよかったです。
さすが、映画評論家がオススメする映画だなーって感じでした。

Sponsored Link


デメリット

これって見たことないやつだったらいいんですが、見たことあるやつだったら嫌ですよね?しかも中身はレジに行かないと教えてもらえないというシステム。

僕なんかはレジで断ったりするくらいの勇気がないので持って行った時点で借りる覚悟でいくんですが、見たくない映画がきたら最悪ですよね。
(僕は好きな映画なら2回見るのは良し。)

なのでもし、断る勇気がないという方は借りない方がいいかもしれません。

しかし、タイトルを聞いて見たいと思えない映画でも絶対面白くないって思ってる映画ほど意外に面白かったりするので一概には言えません。
前に『帝一の國』という映画を見に行ったことがあるんですが、絶対面白くないと考えていたけど、めっちゃ面白くていろんな友達にオススメしたことがあります。

だからここは、騙されたと思って見るというのもありかなと考えますね。本当に騙されたらごめんなさい。

メリット

映画評論家がオススメするものなので、映画の作りに違和感がないことが多いです。興味本位でタイトルに惹かれて借りる映画よりよっぽど、ハズレがないと思いますよ。

なので借りる映画が決まってない人は、タイトルで選ぶうより、こっちで借りた方が確実かもしれないですね。

僕もタイトルや予告に惹かれて借りることがありますが、「なんだこれ?」ってことがあります。(センスがないのか?)

見たい映画はないけど、暇だなって時には『あえて見ない借り方』というギャンブルをしてみるのも粋ですよ。

ちなみに地域によって違うのかは知りませんが、僕の地域ではシネマハスラー宇多丸(ライムスター宇多丸)がオススメしてました。

宇多丸先生なら間違えはない!!!w

個人的に思うこと

個人的には、レジで教えるのもやめてほしいですね。本当にDVDを入れるまでわからないようにした方が盛り上がる。
友達同士で予想しあったりとかもできるし。

クレームが怖いなら棚に「面白くなかったり、見たことがある作品でも一切責任はおいません」みたいに書いとけばいいし。

『あえて見ない借り方』で借りたのは二本目ですが、そのうちの『インターステラー』は前に見たことがあるんです。

だからこれで2回目ってことですね。
でも映画って1回見ただけじゃ内容を把握できないと思いませんか?

何回も見るといろんな発見があります。それも一つの楽しみとして映画を見れる人なら、なおさらいいですよ。

その映画に詳しくなれますからね。

『インターステラー』なんか1回見ただけじゃ、僕は理解できないですからね。

TSUTAYAって面白いことを考えますよね。最近ではTSUTAYAに行かなくても郵便で届けてくれるシステムもあるらしいです。企業努力ぶりに驚くばかりだ。

これからもよろしくお願いします。

Sponsored link

疑問、質問、反論、感想などございましたらお気軽にどうぞ!

*