パリ同時多発テロの首謀者はISISか?テロの影響と目的を考えてみた。

パリ同時多発テロの首謀者はISISか?テロの影響と目的を考えてみた。

今朝起きたパリの同時多発テロ。首謀者はISISではないか、移民に紛れていたのではないか、行き過ぎた風刺画が原因なのではないかなどなど、さまざまな噂が流れている。

はっきりした情報は未だに公表されておらず、何も分からずに驚愕しているというのが現状。そこでとりあえず今話題に上っている噂を洗ってみた。

Sponsored Link


首謀者はISISという噂

首謀者について詳しい情報はまだ何も発表されていないが、ISISが関わっている可能性は高いと思う。

理由は消去法で、これだけの事件を起こす団体が他に思いつかないからというのもあるが、テロが起きたのがフランスだということが可能性を高くしている。

ISISのジハーディストの中にはヨーロッパ出身の人も数多くいて、そのうちの約半数がフランス出身。これはヨーロッパの国の中でフランスに一番出入りがしやすいと考えることもできる。

ISISの人間がフランスに帰国してテロを起こす可能性はずっと懸念されてきたことからも、ISISが絡んでいると見るのは妥当な気がする。

なぜフランス国内からISISに流れるのか

これも単純な理由で、経済的に恵まれていないから。

ISISはそういう恵まれない、国に不満を持つ若者に決起を促すプロパガンダで兵士を募集している。フランスの経済状況は決して良いとは言えず、失業率は10%前後と低くない。

インターネットの普及で情報統制も難しくなってきている。

このあたりはもう思想的な問題で、ISISに参加していなくてもその思想に同調している潜在的な因子はかなり存在していると見られている。

日本ではニートになって引きこもって鬱になるのが関の山だけど、中には「誰でも良いから殺したかった」なんてむちゃくちゃな理由で通り魔なんかやらかす人がチラホラ現れているのを考えるとリアリティが沸いてくるだろうか。

そういう人に武器と思想を持たせるとどういうことになるのかは容易に想像できる。

移民問題について

戦後は単純な労働力として移民を受け入れたフランスだが、数十年後にはキリスト教圏ではなく、イスラム教圏国になってしまうと言われているほど深刻な問題になっている。

移民問題の深刻さについては、こちらのサイトが分かりやすく解説している。

大摩邇(おおまに):欧州を揺るがす移民問題

ヨーロッパの移民問題が今回のテロとどう関わっているのかを考えるには複雑な専門知識が必要そうなので、噂を洗う程度のこの記事では割愛しておく。

ISISが関わっているとすれば無関係ではないだろう。

Sponsored link

原因は風刺ではないかという噂

ところで、フランスでテロが起きた原因は、行き過ぎた風刺画なのではないかという話もある。

2015年1月7日に起きたシャルリー・エブド襲撃事件を覚えているだろうか。シャルリー・エブドはフランスの風刺週刊誌を発行している会社で、本社に複数の武装した男が押し入り12人を殺害した事件。

詳しくはWikipediaより

シャルリー・エブド襲撃事件

逮捕されたのは移民のアルジェリア系フランス人で、パリ出身の34歳と32歳の兄弟。

犯人の二人のうち、一人は2005年にイラクにジハーディスト(兵士)を送り込んだ事件に関わっており、有罪判決を言い渡されていた。

フランスの風刺は、日本人の感覚からすると少し行き過ぎていると言うか、笑えないものも多い。故にこの事件については、自業自得だというトンデモナイ意見もある。何でもユーモアにしてしまえという精神性は分からなくもないが・・・。

私は風刺画が原因の可能性はないと思う。そりゃあちょっとはそんな気持ちもあったのかも知れないけれども・・・。

テロの影響と目的の噂

今回のテロは具体的な声明や要求はなく、殺害が目的だったと言われている。

まず考えられる影響は観光について。死地に行くようなものだし、非常事態宣言でてるし。シャルリー・エブド襲撃事件の時でさえ、ヨーロッパの観光業界は尋常でない影響を受けた。

パリは芸術の都とも言われていて、世界的な観光名所。世界中からの観光客で持ってるようなところもある。

そこにこの大規模で無差別なテロ。経済的な衰退を狙ってのことかなーと想像してみるも、この手の問題は複雑化しすぎていてそれがまた何が目的なのか良く分からない。

この規模になるとパリどころかフランス。フランスどころかヨーロッパ全土に足が向かなくなる可能性も低くはない。それどころか、明日の我が身さえも危ないと震える思いである。

ついぞ日本でも安保法案を巡ってひと悶着あったところ。

国と国との間で起こる戦争と違い、vsテロ組織となると実態もあやふやでどう手を打ったものか、国際社会全体の悩みの種となっている。

実体のない組織にこうも初手からやるかやられるかで来られると、ハッキリ言って打つ手がないというのが現状なのかもしれない。

とはいえ、現状ISISが関わっているのかどうかも良く分からないし、眉唾程度のものと思って欲しい。飽くまで可能性の話。

Sponsored link
コメント25080 PV
CATEGORY :

疑問、質問、反論、感想などございましたらお気軽にどうぞ!

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 未熟で姑息で欲望と不満と他責の念を持つテロリストたち

    テロリスト=究極の二元論思考者たち

    外国人を襲って人質。 人質にして、政府へ大金を要求。 人質が逆らえば死。 大金を払わなければ死。 イスラム国に反撃すると無差別殺人(死)。イスラムに改宗しなければ死。 自分たちの意見に従わなければ死。奴隷とならなければ死。 他国でテロを実行して死。 気に食わない建造物は破壊。

    支配か服従か、善か悪か、白か黒か、生か死か、敵か味方か、自己中心的で極端な二元論の観念で物事を判断する人格障害者たちは、強い被害者意識と潜在的な他者憎悪を持っています。

    二元論は、カルトや、過去に戦争を引き起こしてきた指導者の最も典型的な誘導手段であり、二元論を好む人たちに人格障害者が多いことも特徴です。

    • By ぽんぬふ

      >未熟で姑息で欲望と不満と他責の念を持つテロリストたち さん

      コメントありがとうございます。名前を入力する欄にこう書かれていたのでこうしてレスしていますが、まるであなたが「テロリストたち」みたいになってしまってすいません・・・。

      人格障害とはまた過激ですねー。私はテロリストの世界観も自分たちが暮らす社会とどうにも切り離して考えられないので障害とまでは思いませんが、おっしゃることは理解できます。

      しかし、私の中の定義では二元論は論理を発展させる手段のひとつであって、思想や志ではありません。なので、人格障害というよりは、ただ精神的な発展が未熟なだけなんだと思っています。知能の高い猿が武器を持って攻めてきているようなイメージですかね。話通じなさそうですし・・・。

      だからと言って、許せるかどうかはまた別の話ですが。

疑問、質問、反論、感想などございましたらお気軽にどうぞ!

*