個人的にオススメのゲーム実況(YouTuber)を発表します。ハズレなし!!

個人的にオススメのゲーム実況(YouTuber)を発表します。ハズレなし!!

今や、小学生がなりたい職業ランキング上位に君臨するほどに知り渡っているYouTuber(ユーチューバー)
小学生に負けず劣らず僕も1日をYouTubeで潰すほど、YouTubeに汚染されています。W
そんな僕がオススメするゲーム実況動画で、この人たちの右に出るものはいないと言えるほどのYouTuberをご紹介します。

そのYouTuberとは……

『2BRO』(ツーブロ)という実の兄弟で、動画をアップしているYouTuberです。ツーブロ

お互いを兄者(あにじゃ)と弟者(おとじゃ)と呼び合っています。
二人の中でも、弟者さんのファンが多く、その理由の一つとして弟者さんの声がある声優さんそっくりなのです。

なんと、あの大塚明夫の声にそっくり……

大塚明夫

声優チャンネルから引用

声を聞いた時、(大塚明夫がゲームの実況してる!!)と勘違いしたほど似てました。W
恥ずかしながらあの時、(大塚明夫ってゲームするんだ)って感心してた自分を今も思い出します。

その時の比較動画がこちら↓↓

そして、『2BRO』で第三の刺客としてよく登場するのが、おついちさんというYouTuberです。
このおついちさんは、兄弟とは全く血が繋がっておらず、主に『2BRO』でアップした動画の編集やデザイナー的な役割をしているそうです。
動画内では、ツッコミ的な役割を担い盛り上げてくれてくれます。
おついちさんの声もピッコロの声優をしている古川登志夫に似ています。

もう一人時々登場するのが、メロやんです。

メロやんさんは、めったに動画に登場しないのですが、四人でゲームをする時だけ登場することがあり、マイペースなプレイが好評な人物です。

四人でゲーム実況すると時は、ゲス4(ゲスフォー)という団体名で動画をアップしファンの間では有名な呼び名です。
(多分花より男子のF4をもじったのではないかな?W)

それぞれ、顔を公に晒してはいませんが、ある一部のサイトでは、画像をアップしているみたいですね。
(一人のファンとして2BROの顔を晒してしまうのはやめてほしいところですが……)

Sponsored Link


好きな理由

僕が2BROを好きな理由は、声が特徴的なところもあるんですが、この人たちの動画は、ネガティブじゃないです。

YouTuberって過激であればあるほど視聴者数が増えたりすると思うんですが、全く過激な発言をしたり人を傷つけたりしないので気持ちよく動画を視聴できます
過激な発言や、相手のプレイヤーをバカにしたりする動画も見ていてスカッとする気持ちもわかるんですが、だんだん心が廃れていく自分に気づいてしまうので、僕はあまりオススメしません
それに比べて2BROは、誹謗中傷もなく純粋にゲームをして、相手プレイヤーがナイスプレイをした時は、素直に褒めたりしています。

ゲス4でゲームをしている時のくだらないことで笑いあっているのを見ると、昔、兄弟や、友達とゲームをしていた懐かしい気持ちにさせられますよ
しかし、真面目にゲームしてクリアした時は、統率されたチームワーク力にスゲ〜と思わず口に出すこともあります
僕は、そんな2BROの動画が大好きなのです。

ゲームの実況を見る時は、絶対2BROが王道であり、お手本でもあると断言します。

ゲームの腕前も素晴らしいと評判です。

弟者さんの得意とするゲームのジャンルはFPSなのですが、ヘッドショットがうまいですね。

FPSとは
ファーストパーソン・シューター(英:First Person shooter、略称FPS)とは、主にシューティングゲームの一種で、主人公の本人(第一者)視点(FPSまたはFPV)でゲーム中の世界・空間を任意で移動でき、武器もしくは素手などを用いて戦うアクションゲームのスタイルを指す。
基本的に画面に表示されるのはプレイヤーキャラクターの一部(腕など)と武器・道具のみである。
混同されがちだが、プレイヤーキャラクターの姿が見えるゲームはサードパーソン・シューティングゲーム(TPS:第三者視点)として区別される。
Wikipediaから引用

ゲーム

Gigazineから引用

つまりこういうことです↑↑

しかし、FPSだけではなく、ホラーゲームアクションレトロなゲームなどジャンルも豊富で多数の動画もアップしているためかなり楽しめます。

現在の登録者数が約166万人です。
しかし、僕の予想では、これからもっと増えると思います。

僕は暇な時間とか寝る前に必ず動画を視聴しています。W

あなたも視聴したことがなければ、ぜひご覧になって見てください。

一番笑った動画がこれです。W

グラセフ自体が過激ではありますが初めて見たときは爆笑しました。W

確実にテレビの時代が終わりを迎えているような気もしますね。
これはもうしょうがない。

YouTubeの方が面白いもん。W

Sponsored link

疑問、質問、反論、感想などございましたらお気軽にどうぞ!

*