オモロー山下芸人引退。その理由と先輩芸人の反応を調べた。

オモロー山下芸人引退。その理由と先輩芸人の反応を調べた。

吉本興業所属のお笑い芸人のオモロー山下が芸人を引退し、女性自身の芸能記者として活動することを発表したました。

その経緯とともに、オモロー山下のクズエピソードや先輩の反応を紹介したいと思います。

Sponsored Link


オモロー山下とは??

ジャリズム

日刊ゲンダイDIGITALから引用

まず最初にオモロー山下を知らない人もいると思うので、軽くご紹介したいと思います。

オモロー山下は、落語家として活動している桂三度(世界のナベアツ)と昔ジャリズムというコンビを組んでいました。
ジャリズム時代は、ツッコミが良いと大阪では好評だったが、ナベアツが人気になるにつれ山下は、人気が落ちてクズなエピソードが目立つようになり中途半端な感じになってしまいました。

そして中途半端なままちょこちょこテレビには出るが、微妙なためにうどん屋を開いて店のオーナーになることに。
それが順調にいき生計を立てて暮らすようになります。

だが、うどん屋はそのままで、芸人を辞めて記者になるというニュースが世間を少しだけ騒がせているようです。

芸人を辞めて記者になる理由

わざわざ芸人を辞めて記者になるのは何故なのでしょうか??
13日(2017年6月)発売の女性自身のインタビューで次のように語っています。

「体力ならぬ能力の限界ですね。これまでいろんなことに挑戦してきました。
ゆるキャラが流行れば自分で『ゆるキャラグランプリ』にエントリーしたり、YouTuberがブームになれば動画も投稿しまいした。
でもどれも絶望的な結果でした(笑)
それなら本業をと思い今年の『Rー1グランプリ』にも出場しました。でも結果は1回戦落ち……
デビューから25年目、そろそろ区切りをつけようと思ったんです」女性自身から引用

能力の限界を感じるのが遅いと思います。W
しかも、山下は過去に芸人を辞めて吉本の社員になろうとしたこともあります。
その時は、簡単に社員になれるわけなく、社員なめんなってことで追い返されました。

このようにオモロー山下は、芸人の間ではクズとして有名で数々のエピソードをもっています。

今田耕司のお金をパクろうとした事件

今田耕司が、自身のズボンを山下にあげた時に、ズボンに1万円が入っていたのを、黙ってパクったそうです。
バラエティ番組やラジオで語られた有名な話です。
普通は、ズボンにお金が入っていたら、お金は返しますが、黙ってくすねて返さないというなかなかのクズっぷり。

失礼な行動は今田だけに止まらず松本人志もオモロー山下のクズっぷりをラジオでたくさん語っています。

松本人志の小皿を使った話。

焼肉店で松本と今田が話している最中、山下が松本の塩が入った小皿に自身の焼いた肉をちょちょっとつけて食べたそうです。
先輩芸人の塩の入った小皿に肉をつけるというのは、ありえないそうです。
友達同士ならわからないでもないですが、芸人の世界で先輩の小皿を勝手に使用するのはかなりの暴挙みたいです。
松本は、ラジオでその出来事を語りブチギレていました。

松本の車を駐車場に止めた時の話

今田の家で芸人同士で飲もうとした時に、松本が山下に「車を駐車場に止めてきてくれ」と頼んだ時、車をガリガリと傷つけてしまったそうです。
当時、松本は車買ったばかり……
買いたての車は見事にガリガリに傷が付いていそうです。

駐車場で車を傷つけたなどの数々の山下の失敗に「山下とつるんで俺に何かプラスなことはない」とラジオで語っていました。

他にも、芸人同士でトランプをしていた際に、山下がテンションが上がり叫んだ時、松本の腕に唾が飛んだり。
調べると数々の失敗談や、クズエピソードが出てきます。

ここまでクズなら芸人としては話のネタの宝庫のような気もしますが、オモロー山下は芸人を辞めて記者になることを決意したんですね。

今後は、まだ売れてない面白い後輩芸人を自分の人脈を生かして女性自身で紹介してきたいと語っていました。

記者になることに先輩芸人は、どう思っているのでしょうか??

先輩芸人の反応

今までお世話になった芸人の中で、松本人志今田耕司東野幸治宮迫博之には直接会って芸人を辞めることを話したそうです。
賛成はできないとあまり良い意見はもらえなかったそうですが、しっかり思いを伝えたところ応援をしてもらえるようになったそうです。

元相方の桂三度(世界のナベアツ)は、「頑張れよ、俺も取材してもらえるように頑張る」と快く応援してくれたみたいです。

女性自身も面白いことをしますよね。
僕は、これからの山下の取材はどんな人が出てくるのか楽しみではありますが、今までのクズエピソードを考えると、どんな失敗をしてくれるのかも楽しみでもあります。

そういう意味では芸人の話題には欠かせない人物のような気もしますよね。

Sponsored link

疑問、質問、反論、感想などございましたらお気軽にどうぞ!

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

疑問、質問、反論、感想などございましたらお気軽にどうぞ!

*