佐野研二郎氏のパクリ問題に審査委員の永井一正氏がコメント。この今更感。

佐野研二郎氏のパクリ問題に審査委員の永井一正氏がコメント。この今更感。

今まで審査員側のコメントは全く発表されていなかったわけですが、ここにきて佐野研二郎氏のデザインを選んだ審査員側から代表として永井一正氏がコメントを発表しました。

大会組織委員会にコメントは差し控えるように言われていたものの、これ以上かんぐられるのも良くないということで、取材に応じた形です。

Sponsored Link


コネでズブズブ問題

HAKUHODO DESIGN(博報堂デザイン)代表取締役社長の永井一史氏の父です。

佐野研二郎氏は自身の事務所MR_DSIGNを設立する前はHAKUHODO DESIGN(博報堂デザイン)に在籍しており、この五輪エンブレム“博報堂”関連でズブズブにコネが使われたという噂も広がっています。

この噂についての詳しい事はこちらの記事にまとめられています。
【佐野研二郎】博報堂の利権とコネなどの疑惑まとめ【オリンピック審査委員メンバー】

疑惑は「五輪エンブレムが盗作かどうか」という所に留まらず、こういったコネ問題や部下が盗用したというサントリーのトートバッグ問題、TVなどで大きく扱われて、日本人弁護士には「もう謝ってください」と言われたり。

と、色んな所に波及していっている訳ですが、それらを踏まえた上でか無視してか。永井一正氏のコメントがこちら。

永井氏のコメント

「五輪とパラリンピックのエンブレムが互いに関連しつつ区別がつくかどうかや、メディアやグッズ、会場で使われる際の展開可能性も検討された」。

「(商標登録を確認したところ、原案と)似たようなものがほかにあったようだ。そのため佐野さんの案は、元のイメージを崩さない範囲でパーツを一部動かすなど、組織委の依頼で何度か微修正された。最初の案は(類似性が指摘されている)ベルギーの劇場ロゴとは似ていなかった。盗作ではない」(ベルギーのロゴは商標登録されていなかった)

「個人的には、ほかの応募案や審査の過程も公表した方がいいと思う。これまで組織委からはコメントしないように言われていたが、これ以上勘ぐられるのはよくないということで、『もう話してもらっていい』と言われていた。このエンブレムがCMなど色々な形で使われてゆけば、よさが伝わると思う」
引用:五輪エンブレム当初案「劇場ロゴと似てない」 審査委員

うーん、この今更感。

もう問題は似ているかどうか、盗作かどうかっていう所から遥かに先に進んでいて、誰がどう責任をもってこの問題を収拾するかって所にある気がします。今更“盗作ではない”は議論の端にも引っかかりません。

「エンブレムが盗作かどうか」じゃなくて、「盗作疑惑で絶賛炎上中のデザイナーがデザインしたエンブレムを使うのか」ってこと。これからCMやさまざまな場所でこの五輪エンブレムが使われたとして「やっぱり良いね!このエンブレム!」って世論がそうなると思います?

もろもろの問題によって大会に泥を塗ったのはもう揺るがない事実です。腰を折ってちゃっちゃと選び直した方が早いと思うんですけどね。何か事情があるんですかね。

それでももし「盗作かどうか」をまだ問題に据えて議論をするのであれば、選考過程、修正過程、調査過程の全てを明らかにした上で説明をしないと誰も納得しないと思います。中途半端なコメントは火に油なだけな気が・・・。

うーん・・・。

関連

Screenshot佐野研二郎が反日在日韓国人である証拠とソース。サザン桑田の日の丸土下座も?
本名は朴尊簸で在日韓国人であるという話まで持ち上がってきました。具体的な名前が出てくるということは、それなりのソースがあったと言うことなので、そこんところを掘り下げてみました。

Screenshot【五輪パクリ問題】佐野氏に対するデザイナー達のTweetに意見したい
オリンピックの盗用疑惑が出て、佐野研二郎氏を擁護しているデザイナーの人もいたり。「そんな風に前向きに捕らえるデザイナーさんもいるのね」と端から眺めてたんですが、いろいろと思うところがあったのでぶちまけちゃおうと思って超個人的な意見を記事にしました。

Screenshot【五輪パクリ問題】佐野研二郎氏の原案公開。原案もパクリじゃん!
大会組織委員会は28日、都内の会見で佐野氏がデザインしたという原案を公開。ベルギーのリエージュ劇場ロゴとの違いを主張し、改めて盗作疑惑を否定しました。だからもうパクッたかどうかとか、そういう問題じゃねえって言ってんだろうが。

Screenshot【五輪パクリ問題】佐野研二郎が原案もヤン・チョヒルト展からパクッてた件。さすがに使用中止に。
パクったとされる元ネタは銀座で開かれたモダン・タイポグラフィの巨匠、ヤン・チョヒルトの展覧会のロゴ。佐野研二郎氏が展覧会を知っていたと思われる証拠も揃っている。エンブレム使用中止を受けて一応は決着を見たものの、今後の展開に注目が集まる。

Sponsored link

疑問、質問、反論、感想などございましたらお気軽にどうぞ!

*