武藤貴也氏、離党届を提出するも議員辞職はしない模様。どうでもいいけど出資金はどこいっちゃったの?

武藤貴也氏、離党届を提出するも議員辞職はしない模様。どうでもいいけど出資金はどこいっちゃったの?

日本よりも立場を取り戻さなければならなくなっしまった武藤議員。

事の発端は19日発売の週刊文春による報道。

複数人の知人に「値上がり確実な新規公開株を国会議員枠で買える」と持ち掛ける。
この呼びかけには23人が応じ、約4100万円が集まったが、実際に株は購入されておらず、出資金の返済もなし。

一体金はどこへ消えてしまったのか。

Sponsored Link


経歴・プロフィール

まずは武藤貴也議員という人物を整理しましょう。

武藤貴也(むとう たかや)
自民党所属の衆議院議員。
1979年生まれ・北海道出身。
北海道釧路江南高等学校、東京外国語大学を卒業。
その後社会人として数年を過ごした後、京都大学公共政策教育部に入学し修了しています。

Twitterでの学生デモ批判で話題になったことも記憶に新しいですね。

これがまたメディアに総スカンくらいまして、めちゃくちゃ叩かれてました。
それについては誤解や曲解がいろいろとあったみたいですが、僕はこの意見そのものは割りと支持しています。


この辺とか曲解の極み。

このやり取りは平行線のまま続いていきます。

武藤議員と一般人の人の平行線議論

どっちが正しいか、正当かはさて置き、このやり取り自体がものすごい不毛なのでなんとも・・・。
とは言え、主義主張は言うべき場所やタイミングみたいなものがありますからね。
自民党としても法案を巡った大事な時期でしょうに、わざわざ議員がTwitterで藪を突きにきたのには笑ってしまいました。

家族について

武藤貴也議員はまだ結婚はしておらず、独身です。
現在36歳で顔立ちもそこそこ良いし、エリートって感じなんでご結婚されてると思ったんですけどね。

今はもうそれどころじゃないでしょうけれども。

Sponsored link

出資金の使い道と武藤議員の態度

お金
さてさて、出資金は4000万は一体どこへ消えたのか。
返還されていないってことは、もうないので多分何かに使ってしまったんだろうということで、出資金の行方に注目が集まっています。

詳細は本人の口からは語られず、噂や憶測がいろいろと飛び交っております。政治家のこういう問題は大体活動資金に消えてたりしますが。
ネット上では「個人的な私用に使ったのではないか」「女に貢いだんじゃ」とかあることないこと噂されてます。

潔白で筋が通る話ならちゃっちゃか出てきて説明してしまえば良さそうなものですが、それもないということは真っ黒か、あるいは真っ黒な事態が身の回りに起こっているか。

何にせよ、これだけ話題になってしまうとやっぱり政治を預ける国民としては詳しい説明を聞きたいところ。どうせ炎上するんでしょうけどね。

今回、自民党に離党届を出したことで「やらかしました」と言っている様なものっていう意見もあります。一応、離党する理由について本人は、「平和安全法制を成立させなければならない今、党にこれ以上迷惑をかけられない」と説明しています。

加えて、離党はするものの議員辞職はしない意向。「一方的かつ事実と異なる記事のために議員辞職はできない」と、Facebookに投稿しています。それなら事実をきちっと説明して終わりでしょ?っていう堂々巡り。

お茶を濁されてる感じがどうしても・・・。

まとめ

これでまた民主党の揚げ足取りの材料が増えたわけです。離党しても、何も説明せずに離党してしまっては火に油な気がしなくもないです。どう言い繕っても“トカゲの尻尾きり”っていう印象はやっぱり拭えません。

こうなってくると主義主張も全部が不祥事の波のひとつになってしまって、なんとも残念。「党に迷惑をかけられない」という話も殊勝に語っていますけど、「居ても迷惑にしかならない」ってことですし。

本人の口から語られない限りは真相は分からないので事件そのものを批判する気はないですが、ポーズがいちいち分かり易くてケツがむず痒くなります。

Sponsored link

疑問、質問、反論、感想などございましたらお気軽にどうぞ!

*