この世界の片隅に、子どもに見せて欲しい作品です。笑えるし泣ける戦争映画でした。

この世界の片隅に、子どもに見せて欲しい作品です。笑えるし泣ける戦争映画でした。

TSUTAYA系男子です。『この世界の片隅に』見ました。これ………戦争映画なのに見やすいんです。

僕は戦争映画は、普段見ないんです。火垂るの墓みたいな悲しい状態ばっかりは耐えれないんですよね。しかしこの映画は違いました。

日本の戦争映画の歴史としてしっかり残していくべき作品だと思うくらいですね。

Sponsored Link


あらすじ

第二次世界大戦中、広島県広島市にのりの養殖を営む家庭で育った浦野すずは、天然すぎて周りをほっこりさせるような女の子。

彼女の目線から見える戦争とはどんなものに見えたのか?

空襲の悲惨な状況を乗り切ったすずとその家族の話ですね。

主人公のすず

すず(のん)

すず(のん)

引用:シネマズ
すごいかわいいです。吹き替えをしたのは、能年玲奈こと『のん』です。完全にマッチングしちゃってました。

生き写しじゃないのかっていうくらいシンクロしてましたね。すずは天然キャラなんですが、こんな女性ってあなたの周りにもいるかもしれないです。

のほほんとした雰囲気で天然連発な女の子って以外に近くにいます。

僕は山口県出身で広島の方言も分かります。その山口県民の僕が聞いてものんの広島弁は違和感はないです。

「とぼけたような女だな」って能年玲奈(のん)をバカにしてた自分が許せませんね。あの人すごいですわ。

ずっと声優でいるべきだろって感じるくらい最高の声優でしたよ。

のん

のん(能年玲奈)

引用:まとめ

感想と評価(ちょいネタバレあり)

すずの絵と戦争

戦争を題材にしたアニメ映画ですが、冒頭から『あれ?ジャンル違うくね??』って迷いました。それは、すずの空想がリアルだからです。今考えるとすずの空想こそ戦争と言う日常からすずを救う手段だったんでしょうね。

空襲という危険な状態を自分の空想で埋め尽くすくらい絵を描くことが大好きなすずにとっては絵を書くことは大事な作業でした。それを奪われた後のすずが変わっていくシーンは悲しみが込み上げてきます。

しかし、戦争をあそこまで、カラフルに描いたのは、宮崎駿(風立ちぬ)とすずくらいでしょうね。

すずが思い描く絵もいいし、アニメとしても自然の風景や広島の街並も綺麗です。日本の戦争映画っていつも悲しい瞬間が多くて見にくいんですが、色鮮やかな演出が使われていて見やすいし飽きないです。

家族の日常にすずの天然

そして、先ほども絶賛しましたが、すずは天然でかわいいです。その天然ぶりが笑えます。

戦争映画で笑えるって不謹慎に聞こえるかもしれませんが、見てもらえば分かります。

それほど、天然がひどいです。w普通、嫁ぐ相手の苗字忘れないでしょ?彼女は忘れるタイプの天然女ですからね。

なので映画見だすと彼女の行動に注目しちゃいます。

厳しい状況でも天然で周りを笑かすシーンがたくさんありますして、そこがこの映画の面白さですね。

ひもじいシーンも笑えてしまう?

当時の第二次世界大戦中の日本は国民に我慢を強いてました。そしてあの時代はもったいない精神で頑張るみたいなイメージがあり、国民はいろんな工夫をしてあの時を生き抜いていました。

そんな場面でも笑える瞬間がたくさんあることがこの映画の醍醐味です。あの状況は苦しい表情ばかりで悲しい表現が多いんですがね。

「笑いを交えて伝えてくれると、ここまで見やすいんだなー」って関心しました。

子どもが戦争について学ぶならオススメ

もし僕に子どもがいて第二次世界大戦中の日本の歴史を学ばせる映画として選ぶなら『この世界の片隅に』を一緒に見ますね。(子どもいないけど)

最初に書きましたが、日本の戦争映画ってあまり見ないんです。ひもじいシーンとか、戦争に家族を連れてかれるシーンだとか悲しい瞬間ばっかりのような………

子どもの頃に見た『火垂るの墓』は悲しいしか印象ないですからね。

なのでユーモアを交えた『この世界の片隅に』はその中でも一番伝えやすい映画だと僕は思います。

でも、しっかり泣けるので油断しないでくださいね。

現代の子どもに忘れ去られないように、そして学ぶきっかけとして戦争映画を一緒に見るのは大事なことです。

なので、『映画』としても『戦争を学ぶ』ということとしても、この映画を子どもと見るのはオススメします。

Sponsored link

疑問、質問、反論、感想などございましたらお気軽にどうぞ!

*