『恋は雨上がりのように』実写映画化で主演の小松菜奈の経歴や彼氏について調べてみた。

『恋は雨上がりのように』実写映画化で主演の小松菜奈の経歴や彼氏について調べてみた。

5月25日公開の『恋は雨上がりように』で主演を務める小松玲奈さんが気になったので、じっくり調べてみました。

原作を暇つぶしに読んでたら、意外にも面白くて惹きこまれてしまいました。中でも、主人公の橘あきらのキャラクターが魅力的ですね。

まずは、小松菜奈さんが演じる橘あきらについてご紹介しましょう。

Sponsored Link


橘あきらってどんな人物??

主人公の橘あきらは、バイト先の45歳に恋する女子高生です。w

橘あきら

橘あきら

長身で、髪が長くクールビューティな女の子ですね。サバサバして男子は寄りつきにくい印象です。

陸上部に入っていたが、アキレス腱の負傷で陸上を断念、落ち込んでいるときに、何気なく入ったファミレスで45歳の店長が励ましてくれたことがきっかけで恋をします。

とてもおじさんを好きになりそうな雰囲気じゃないのに。w (ギャップがあって面白い。)

あきらに恋する同い年の男の子もいますが、そちらには見向きもしません。w

ガチで45歳店長が大好きなようです。

そんな橘あきらを演じるのが、小松玲奈さん。

小松玲奈さんのプロフィール

小松菜奈

小松菜奈

1996年2月16日生まれ。東京都出身。
ファッションモデルとして活躍し、2014年に「渇き。」で映画デビュー。2016年には出演作「黒崎くんの言いなりになんてならない」「ディストラクション・ベイビーズ」「溺れるナイフ」などが公開された。ハリウッドデビュー作となる「沈黙-サイレンス-」にも出演。引用:映画ナタリー

個人的には橘あきら役はハマり役のような気がします。顔もクールだし、切れ長の目はあきらに似てると言えますね。

原作ファンも、小松菜奈さんが橘あきらに演じることに関しては、賛成の意見が多いようです。

この中で僕が一番印象に残っている作品は、『ディストラクションベイビー』です。片思い中の性格悪いキャバ嬢を演じてましたが、素晴らしい演技だったと思います。(ディストラクションベイビーも最高の面白い)

有名になったのは、『乾き』からですね。オーディションに参加したけど、本人的には落選した思っていたが、監督から直接指名されて、主人恋の娘役として出演し、そこから大胆な演技が話題になり、日本アカデミー新人賞を受賞しました。

元は、女優ではくファッションモデルです。芸能界デビューは、2008年に小学生向けのファッション雑誌『ニコ☆プチ』でモデルデビューしたことがきっかけです。そこから様々な雑誌に登場するようになります。

ハーフのような顔立ちですが、両親は二人とも日本人だそうです。

高校時代が、チアリーディング部に所属していたこともあり、運動神経は悪いわけではなさそうですね。

ちなみに出身高校は山梨県にある帝京第三高校です。

小松菜奈さんには恋人はいるのか??

調べたところ、BIGGBANのジヨンとの熱愛の噂が過去にあったみたいです。

ジヨン

ジヨン

引用:ZAKKING
小松菜奈さんがK-popアイドルBIGGBANのファンでもあり、イベントで共演したことがきっかけで、急接近………

お互いが交際宣言してるわけではないですが、インスタグラムでお揃いのアクセサリーをつけていることから交際の噂がでたみたいですね。

しかし、現在は破局しているとか………

小松菜奈さんも普通に韓国系アイドルを好きになる女子ですね。一番意外でした。w

橘あきらっぽくない男の趣味だし。wまあプライベートと映画は全く別物ですな。

演技が上手ならこんなことは全く問題ないし。もっと自由に恋愛できないとおかしいですからね。

『恋は雨上がりのように』

公開は5月25日です。

小松菜奈が橘あきらを演じきれてるか気になるところですね。

ちなみに、45歳の冴えない店長役は、大泉洋さん。w

安心安全なイメージだし、何も心配なさそう。w

Sponsored link

疑問、質問、反論、感想などございましたらお気軽にどうぞ!

*