妻子持ちのIT役員が結婚詐欺!?騙すほうが悪いのか、騙される方が悪いのか・・・

妻子持ちのIT役員が結婚詐欺!?騙すほうが悪いのか、騙される方が悪いのか・・・

婚活パーティーで知り合った30代女性に対して、結婚をほのめかして現金800万円をだまし取った容疑で逮捕された田中瞬容疑者。「ニューヨークで仕事をするために800万円を貸してほしい」「仕事が成功したら子供をつくって一緒に暮らして行こう」と嘘をついたとのこと。

なんでも田中容疑者は妻子のある身で、IT関連会社役員というのは本当のことのようです。

騙すほうが悪い、騙される方にも問題がある、結婚と将来とお金と・・・。色々と考えさせられる事件です。

Sponsored Link


田中瞬容疑者の会社と犯行の内容について

tanaka1
田中瞬(32)
IT関連会社役員

彼が運営している会社は「SustaiN Architect(サステイン アーキテクト」であるとのこと。会社のHPからは既に田中容疑者の名前は削除されているようですが、田中容疑者本人が騙し取ったお金を運営資金に使うと話していることから、各方面からの信用はガタ落ちです。

ニュースを見た時はお金を騙し取ったというから、「IT企業の役員だなんて嘘をついて・・・」と思っていたんですが、IT企業の役員というのは本当だったんですね。

余程うまく行ってなかったのか・・・。何にせよ既婚者であることから、騙す目的で婚活パーティーに参加していたと見る方が妥当かも知れません。
tanaka
女性からは現金800万円のほか、現金300万円と腕時計など200万円分を受け取っているとのこと。合計すると1300万円。騙された女性は派遣社員だったとのことで、これだけの金額を貯めるのは大変だったでしょう。

一体何をどう考えれば女性からお金を搾取しようと思うのか。ネジが飛んでるとしか思えません。妻子ある身でありながら婚活パーティーに参加して、しかもお金を騙し取って。目が丸くなりますね。よほど人身掌握術に長けているのか、かなり悪質です。

追い詰められての犯行というよりは、こういう事を繰り返していそうです。調べれば余罪も出てくるかもしれません。

逮捕後の供述が「騙しやすい性格の子だったからやった」というのが、田中容疑者の性格をよく表していますね。まるで相手に非があるかのような言い様です。

容疑を認めているようで、自身のやったことを何も省みていない感じが伝わってきて、何だか居た堪れません。

逆に、一体何をどう考えれば1300万なんて金額を知り合って間もない男に貢ぐ気になるのかもよく分かりません。こちらはこちらでネジが飛んでそうですね。

恋愛が絡むと金銭のやり取りが緩くなるのは分かりますが・・・。

Sponsored link

騙される方も悪い?

騙される方も悪いという話も出てますが、いやいや騙す方が悪いに決まってます。騙される方にも問題はあるとは思いますけれども。「人は小さな嘘には騙されないが、大きな嘘には騙される」というヒトラーの言葉が光りますね・・・。

女性の方は結婚に焦る気持ちもあるでしょうし、将来をチラつかされて幻想を抱き、支援する自分に陶酔して、お金を出す時は騙されるなんて夢にも思ってなかったでしょう。

まがりなりにも1300万と将来の幸せを天秤にはかけたんだと思います。

しかし私の感覚だと、いくら親しい間柄とはいえ、800万もの金額をやり取りするのはまず「怖い」が先にきます。

お金のやり取りは色んな感情を伴いますから、金額が大きくなればなるほど、感情が渦を巻いていきます。受け取るべきところでないところから受け取ると、どこかしらに歪みが生まれているはずなので絶対に良い結果にはなりません。

渡すべきところもそうです。

何事もほどほど、中庸が一番ですね。然るべき量を、然るべき仕方で、然るべき時に。価値の基準に則って、身の丈を超えた理想や手段は身を滅ぼすのだなと、改めて自戒の念を強くする気持ちです。

Sponsored link

疑問、質問、反論、感想などございましたらお気軽にどうぞ!

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

疑問、質問、反論、感想などございましたらお気軽にどうぞ!

*