【立ち食いそば愛好家】イトウエルマの経歴やプロフィールをまとめてみた。おすすめの三大立ち食いそばチェーン!

【立ち食いそば愛好家】イトウエルマの経歴やプロフィールをまとめてみた。おすすめの三大立ち食いそばチェーン!

立ち食い蕎麦愛好家として有名なイトウエルマ。噂よると1日3食蕎麦らしいです。蕎麦好きすぎでは。蕎麦好きが高じて本が出版されてたり、すっかり蕎麦愛好家としてのイメージが定着していますが、本業はイラストレーター。

というわけで、イトウエルマのプロフィールや経歴に迫ってみました。

Sponsored Link


イトウエルマの経歴・プロフィール

イトウエルマ
職業:イラストライター
出身地:北海道室蘭市生まれ。
ブログに写真が嫌い!と書いてあったので、イラストを産経ビジネスオンラインから勝手に拝借いたしました。

桑沢デザイン研究所グラフィック研究科を卒業しています。桑沢デザイン研究所は、デザインを学ぶ人の間では結構有名な学校です。

独創的な空間デザインで有名な倉俣史朗。
現代でも幅広く使われている重ねられる椅子スタッキングチェアのデザイナー剣持勇。
無印良品の発案者の一人、田中一光。

などなど、日本を代表するというより、日本のデザイナー界を作り上げた有名人をたくさん排出している名門校です。

イトウエルマは卒業後、文具メーカーで企画・デザインに携わり、フリーに転向してからはイラストルポなどを中心にお仕事をされています。

公式ブログで水彩タッチの優しくてポップなイラストと一緒に、ゆるくて面白い記事を書かれているので、興味がある人は読みに行ってみると面白いかもしれません。
イトウエルマ公式ブログ – Ameblo

ちなみに、旦那様はテレビ番組制作関係のお仕事をされているそうです。

蕎麦に対する尋常ならざるこだわり

さて、イラストレーターであるはずのイトウエルマが、なぜ立ち食い蕎麦の代名詞になっていったのか。

きっかけは日系ビジネスオンラインに掲載されていた「ワンコイン・ブルース」という企画で立ち食い蕎麦のルポをしており、それをまとめた著書が有名なのです。
その名も「立ち食い蕎麦ガール」

サブタイトルのキャッチコピーに彼女が思う立ち食い蕎麦の良さが凝縮されております。

この文章がまたものすごいビジュアルというか。啜った時のつるっと入ってくるあの感じや、具のおいしさをものすごいイメージしやすく表現してて。
その後に語られる立ち蕎麦論がまた面白い。

旨いそばに、卵に拘った「月見そば」。
 汁の熱さで白んだ白身は、つゆ色に染まったそばを包むようにして、ぬるりと、滑らかに口中に吸い込まれる。そばに絡みついた黄身は、うっとりするような濃厚さを口内いっぱいに充溢させる。ああ、悦楽。

 立ちそば店らしい「月見そば」。それには具材もお値段もそれに見合ったものを供する普通のそば屋とは一線を画すスタイルがあるのではないか。たとえば究極のシンプルな組み合わせ、「かけ」に「生玉子」。これこそ、立ちそば的!…と信じて食した。

なぜかしら。これを「月見そば」だと言い切れずにいるのです。
 釈然としない想いのまま、手繰り、啜り、を繰り返し、食べ終える。
出典:明日は中秋の名月、立ちそばで“月見”はいかが?

特集されているのはほぼ東京の立ち蕎麦屋なので、足を運ぶことが出来ないのが残念である。
東京に出かけた時には、ぜひ「立ち蕎麦ガール!」を片手にあちこち回ってみたいところ。

ボリュームたっぷりの記事が33タイトル並んでて、読み応えもありそうな。
レビューには読み終わってすぐに立ち食い蕎麦屋をハシゴしたといううらやましい人がたくさんいました。

クソ・・・うらやましい・・・。

そば粉10割の十割そばが、たったの280円で食べられる渋谷の店
直径15センチの海鮮かきあげが入ったそばが、なんと480円で楽しめる新橋の店
そして北海道の利尻昆布のだしが、驚愕の350円で味わえる水天宮前の店
もちろん、Fそば、Kそば、Y太郎といったチェーン店のおいしい一品(逸品)も紹介。
出典:Amazonレビュー

やっす!
こんな蕎麦屋が33食目白押しとは。
都会はおいしいものがいっぱいあっていいですねぇ。

マツコの知らない世界では「富士そば・小諸そば・ゆで太郎…三大立ち食いそばチェーン夢の共演」ということです。とりあえずマツコが「今こんななの!?」と言っていた三大立ち食い蕎麦チェーン店を調べてみましょうか。

Sponsored link

名代・富士そば

練馬・渋谷・新宿・中野・千代田区・港区・台東区・豊島区などなど・・・東京ならどこにでもある立ち食いそばチェーン店。
23区内はもちろん、23区外や埼玉県、神奈川県にも店舗を構えています。

毎朝直送の生そばと、防腐剤を使わない挽きたてのそば汁にこだわり、早いのに味への一手間を惜しまない人気チェーン店です。
ちなみに、TOPの画像は富士そばの新ブランド「つけ蕎麦 たったん」から拝借しています。

小諸そば

新宿、千代田区を中心に展開している立ち食いそばチェーン。
立ち食いそばと思いきや、座って食べれる店舗も。

「早くて安くておいしい」だけじゃなく、清潔で良いサービスを旗に掲げて営業しています。
かけそば230円。対カロリーのコストパフォーマンスがとにかくすごい。
メニューも豊富で、季節限定メニューなんかあったりします。

ゆで太郎

「挽きたて」「打ちたて」「茹でたて」にこだわった、昔ながらの江戸きり蕎麦。
関東地方を中心に、九州や東北、北海道にも店舗があります。何気に台湾にも1店舗出てたりするグローバルな立ち蕎麦屋。ここ数年で店舗数日本一にまで成長しました。

「○○たて!」のこだわりは揚げ物にも及び、天ぷらなんかも揚げたてだったりします。
さくっと食べれるものからガッツリしたメニューまで。

Sponsored link

疑問、質問、反論、感想などございましたらお気軽にどうぞ!

*