イレブンミニッツ意味不明!!感想。ネタバレあり。期待せずに見ることをオススメします。

イレブンミニッツ意味不明!!感想。ネタバレあり。期待せずに見ることをオススメします。

イエジースコリモフスキ監督はベテラン監督みたいですね。完全に観るものに配慮がない作りなのでわかりづらさが半端じゃないです。w

Sponsored Link


あらすじ

11人の登場人物の物語が同時進行で進んでいきます。関係のない11人に見えてもどこかで関わりがあり話はどんどん進んでいきます。

つまり、群青劇です。

夫、女優の妻、映画監督、ホットドック屋の主人、バイク便の男、犬を連れた女、医者の女、少年、登山家の二人、画家。合計11人がメインの話です。

見る前に知っててほしいこと

この監督は、11という数字にこだわりいろんなシーンで11を盛り込んでいます。

ストーリーの進行は、パズルのピースを合わせていくような感じです。
見る側は、注意深く観察しパズルを組み合わせていきます。

そして、最後の11分間に何が起こるんだろう………って考えながらミステリーの謎に期待するんですが。
(だってそれがキャッチコピーだし)

いろんな意味で「なんじゃそりゃ」ってなる人が多いことでしょう。

僕も見終わった後に、「どういうこと?」ってなりました。謎もクソもないじゃんってなもんです。w

簡単に言いますと、ミステリー映画期待して見るのはやめた方がいいです。

終わった後に、ネットで評価や感想を検索し、監督の言いたいことがなんとなくわかったんですがね……
(意味不明な部分が多かったので映画を一応二回見ました。)

感想(ネタバレ)

『人間はハエみたいなもんだ。』最後のシーンはそういうことらしい。w

音楽の使い方も不穏な音がちょいちょい出てきたりして、なになに?って気分になるんですが、特に何も起こることはなく。

でも最後の結末があるんだから待とうって期待したものの、すごい事故って終わり。

あのシーンは何の意味があったの?って考えるばっかりで………ぶっちゃけ僕個人としては楽しくなかったです。

他の方の解説聞いた後になるほどって思うんですが、「でもなぁ……」って納得できない自分がいるようです。w

僕みたいな映画のキャラをこよなく愛するタイプは、この映画の良さはさっぱりわかりません。
申し訳ない。

しかし、人によっては「なんでかわからないけどこの映画好きだな」って人もいると思いますので、期待しすぎずに見るのはいいかもしれませんね。

Sponsored link

疑問、質問、反論、感想などございましたらお気軽にどうぞ!

*