【どうしてそうなる】仕事でむしゃくしゃしており、スカートをまくってやろうと思った。八つ当たりのメカニズム

【どうしてそうなる】仕事でむしゃくしゃしており、スカートをまくってやろうと思った。八つ当たりのメカニズム

路上で女性のスカートをまくり尻を触ったとして、県迷惑防止条例違反容疑逮捕された市の営繕課主任、井本勝也容疑者(34)。「スカートはまくったが、触った覚えはない」と容疑を一部否認しています

被害者はアルバイトの女性(24)。仕事からの帰宅途中に路上でスカートをまくられ、通報。現場に駆けつけた署員が付近にいた井本容疑者を発見、職務質問した。

供述は「仕事で悩んでいて、むしゃくしゃしており、スカートをまくってやろうと思った」というもの。

えぇ・・・

えぇぇえ・・・・

どうしてそうなる・・・

Sponsored Link


いわゆるこれは八つ当たり

全く意味がわからない。

仕事で悩んでいて←わかる

むしゃくしゃしており←わかる

スカートをまくってやろうと思った←!?

これはいわゆる「八つ当たり」と言うやつではあるまいか。
深く考えずともそうでしょう。

ここまで大事になると、ありえない!!!と蓋をしてしまいそうになりますが、軽い八つ当たりとかは割と普通に無意識でしてたりします。
そう考えると、以外と他人事でもないんですよね。

さすがにスカートをめくってやろうとは思わないですけれども・・・。

以前勤めていた職場にそんな人がいました。八つ当たりのひどい人。

機嫌が悪くないと他人に心無いことを言い始めます。
でも本人には全く悪いことをしているという意識がありません。

他人に当たることでストレスを発散しようとするんですが、その自覚が全くないんです。
本当に自覚がないんですよ。

“自覚がない”となると、なかなか他人事とも言えなくなってきます。
だって自覚がないんですから、自分でやってても気付かない。

そんなくだらないことで回りに自覚なく迷惑をかけたり、嫌な思いをさせたくない。
というわけで、八つ当たりをする人の性格の傾向と原因を調べてみました。

Sponsored link

事件の原因

「仕事で悩んでいて、むしゃくしゃしていた」という供述から、ストレスが溜まっていたのは確かでしょう。
心理学の方から調べていくと、八つ当たりはストレスから自分の精神のバランスを保つための防衛機制の一種と言われています。

自分を守る為に、意識せずにそういう行動を取ってしまう癖みたいなものですね。
子供の頃からそうしてストレスと向き合ってきたんでしょう。

たとえば、教師に理不尽に怒られたイライラを親にぶつけてみたり、上司に怒られたイライラを部下にぶつけてみたり。
物に当たったりする行動もそうですね。

スカートをめくってストレスが解消されるというのは全然分からないですけど・・・

少なくとも、井本勝也容疑者の中ではそうだっただと思います。
上を向いてはためくスカートにこの上ない開放感を覚えていたのかも。

子供の頃に女子のスカートをめくって物凄い達成感に包まれた経験があるのかもしれませんね。

根本的な解決方法

よく、八つ当たりは甘えだと糾弾する声も聞かれます。
確かにその通りなんですが、だからと言ってイライラを押さえ込むと今度は「抑圧」という防衛機制が癖になり、欝になったり無気力になったりします。

ですので、八つ当たりを止めるためにはストレスと向き合う新しい方法が必要です。
そう考えると、迷惑防止条例違反の罪を償ったところで根本的な問題は何も解決しないんですよね・・・。

自分のストレスとの向き合い方を知り、意識して癖を改善していく具体的な方法を模索しない限りは、いつまたスカートがはためく日が来るやら。

防衛規制についてはwikipediaで詳しく解説されているので、自分がどんな向き合い方をしているのか、これを機に考えてみるのも面白いかもしれません。

防衛規制wikipedia

Sponsored link

疑問、質問、反論、感想などございましたらお気軽にどうぞ!

*