【自撮りの神】池田エライザの自撮りとメイクのコツまとめ

【自撮りの神】池田エライザの自撮りとメイクのコツまとめ

自撮りの神とか言われると、いったいどんな風に撮ってるのか気になるってもんですよ。というわけで、池田エライザのメイクや自撮りのコツをまとめてみました。

自分をかわいく写真に収めたいというのは女の子の憧れですよね。知らんけど。

※かなり抽象的な話になってしまいました。

Sponsored Link


本人が語るメイクのコツ

メイクと自撮りに関するインタビュー記事がこちらに。※大事なところは抜き出してあるので、ぶっちゃけ読まなくても良いです。
自撮りとセルフメイクの天才・池田エライザの作品とメイクのコツを公開!

で、今回はこのインタビューについての考察をまとめた記事です。

自撮りのコツ

身も蓋もないですけど、エライザ曰くとにかく数を撮れと。
表情や角度を微妙に変えて取りまくって、自分に一番合う撮り方や表情を勉強する。

数をこなしていくことで、だんだん撮りたい雰囲気や見せ方が分かってくるんだとか。
気に入らないものは問答無用で消して、気に入ったものだけを残す。

池田エライザほどの神でも、100枚に1枚使うか使わないかって時もあるんだとか。

とにかく試行錯誤。
そんでとにかく楽しむこと。

この二つを念頭に置いて、色んな小手先テクニックを試してみるとよいそうです。

なんかもうプロのカメラマンみたい。
いや実際自撮りで仕事きてるし、プロの自撮り師と言えなくもないのか。

エライザ本人が特にこだわっているのは服やメイク、ヴィッグなど。
この辺りはさすがモデルさんですね。

カメラのアプリにはあんまりこだわらないらしいですよ。
ちなみに使用しているのは「Camera360」と「PuddingCamera」だそうです。

考えてみたら、モデルと撮影を一人で同時にやるんですから、たいした技術ですよね。
最近はカメラのフィルタ加工も充実してますし、ハマると面白い世界なのかもしれません。

メイクも服も女性の特権みたいなところあるので、その辺が自撮りの面白さなんですかね。
メイクひとつで別人になりますからなぁ。

僕はメイクしないんで自分より猫を撮ってる方が楽しいです。

Sponsored link

メイクのコツ

エライザが自撮りしている写真を見てると、メイク次第でもう別人かっていうくらい。
本人曰く、別人メイクのコツは

「ぽいぽいっとメイク道具を並べて、ぽぽぽーと考える」

ちょっと何言ってるのかわからないですね・・・。

何かを参考にするよりは、頭の中にイメージを浮かべて、膨らませてメイクをすると上手くいくと。
本人は「オルチャン」を例にとってましたけど、言葉から受けるイメージって人によって違うので、自分のイメージを膨らませてこれもまた試行錯誤ってことでしょうか。

イメージを形にするのは難しいですからねー。
それこそ、芸術家の仕事です。

自分をキャンパスに自分のイメージであれこれ試していくのが一番だそうです。
メイクのこと全然わかんないですけど、芸術には明るい僕としては何となく納得のいくところ。

イメージと表現の間にはどうしても技術が必要になってきます。
技術を育てるのは試行錯誤以外にないですからね。

人の顔ってそれぞれですし、メイクの世界でもユニークさって大事なんだなーと勝手に関心してしまいました。

まとめ

メイクもやっぱりインプットとアウトプットの繰り返しですね。
何かをイメージするにはいろんなものを見ないといけませんし、見るだけじゃなくて表現してみて分かることはそれ以上に多かったりします。

何でも、コツとかやり方とかを小手先で知ったところで上手くなれるもんでもないんでしょう。

絵画の世界ではとにかく作品を見て書けと言われますし、
音楽の世界ではとにかく作品を聴いて弾けと言われますし、
デザインの世界ではとにかく作品を見て作れって言われます。
メイクの世界も一緒ですね。

なんか極端に抽象的な感じになっちゃいましたけど、まあいいかw
具体的な話はそれこそ山ほど転がってますしね。

関連

Screenshot「大丈夫だよ、人は強くなる。 」いじめを受けていた池田エライザのツイートの説得力がなんかすごい
池田エライザのプロフィールや経歴やなんかをまとめた記事。小学生の頃から中学時代までいじめにあっていたっていう話が。ちなみにこれは本人のカミングアウトです。モデルの彼氏がいるという話もあったりなかったり。

Sponsored link

疑問、質問、反論、感想などございましたらお気軽にどうぞ!

*