「私が邦楽を聴かない理由」を洋楽と邦楽の違いから考えてみた

「私が邦楽を聴かない理由」を洋楽と邦楽の違いから考えてみた

ネットをやっているとたまーに見かける洋楽邦楽論争。今回は「音楽は競争じゃない」という言葉を大前提として、洋楽と邦楽の“楽曲の違い”と“市場の違い”から「私が邦楽を聴かない理由」を改めて考えてみました。

Sponsored Link


楽曲の話

27123270
「音楽は国境を越える素晴らしいものなのに洋楽と邦楽というジャンルわけがそもそもおかしい」という意見には大いに賛同できますし、全くその通りだと思います。

しかし、海を隔てるとやはり文化的な背景や日ごろの生活によって、ずいぶんと大きな違いがあります。まずは音楽を邦楽・洋楽にカテゴライズした時の楽曲の大まかな違いについて考えていきます。

リズムの違い

邦楽は頭にリズムのアクセントがある曲が多く、リズムが単調になりがちという話は良く聞きます。このことについては言語のリズム感が由来しているという説が有力です。

テンポに一音を当てはめて喋る日本語に比べて、英語はリズムの言語だと言われています。ネイティブの人は音程のイントネーションよりもまず言葉のリズムで何を言っているのかを判断しているとかいないとか。眉唾ですが。

ともあれ、英語の方がリズムに深く関わっている言語なので、日本人は裏ノリが弱いと言われます。

国によるノリの違い

“ノリ”というのは体験ですから、洋楽の“ノリ”を体験したことが人にとってはよく分からない話だと思いますが、テキトーな洋楽を拾ってノリを意識して聴いてみるだけでも、リズムの違いがはっきりと分かると思います。

曲の“ノリ”は、その国に根付いた音楽のジャンルによって大きく異なります。ジャズ、ラテン、ボサノヴァ、レゲエ、R&B、ブルースなどなど。

日本の場合はどうなのかというと、太鼓や鉦鼓(しょうこ)、鼓(つつみ)などの日本の古来からある打楽器の演奏を聴いてみると、響きや情景を第一に考えていたようで、元々裏ノリをとるリズムの文化がそもそもないのだと思います。

よくよく考えたら、昔の日本で裏ノリをとるあの動きをしていたら、周囲から「クネクネして気持ち悪い」と思われていたことは想像に難くありません(笑)

日本のリズムと言われて連想するのは和太鼓の演奏でしょうか。ドンドコドンドコ。和太鼓も頭にノリがくる男らしい演奏が殆どですね。

アンサンブルの違い

主にアレンジの話なんですが、洋楽はアンサンブルがすごい曲、楽器同士が絡み合って独特の雰囲気を作っている楽曲が数多くあります。

楽曲のアンサンブルを聴き始めると世界標準はやっぱりすごくて、そのバンドにしか出せない雰囲気をそれぞれが持っています。

方や邦楽にもアンサンブルによって独特の雰囲気を作っているバンドは数多くありますが、好みかどうかという話になってくると洋楽のほうが絶対数が多いので、どうしても聴く曲は洋楽に寄りがちになってしまいます。

私は、邦楽と洋楽のアンサンブルの違いは音楽的な文化背景の違いが大きな理由だと考えています。

現在の日本の文化は、ほぼ戦後の高度経済成長が背景にあります。戦時中~戦後、アメリカではロックやポップスの前身と言われるブルースやロカビリーが大衆音楽として盛り上がっていました。当時の日本にとてもそんな余裕があったとは思えません。

売り上げが全て、売れれば良いという経済原理主義的な一面は何も日本に限ったことではありませんが、日本の大衆音楽の文化背景には、まだまだそれしかないような気もします。

その証拠に、日本にはJPOP以外のジャンルが目立ってありませんし、音楽の細かいジャンル分けの話になると首をかしげてしまう人がほとんどです。

さらに、海外のアーティストは最近のムーヴメントに影響を受けつつ、それぞれブルースやカントリーなどのバックグラウンドを持っている場合が多いですが、それに比べて邦楽のアーティストは、洋楽の最近のムーヴメントを元々のバックグラウンドにしています。

それ自体を良い悪いとして語るつもりはありませんが、現代の日本の文化に“脈々と流れる民族的な音楽体験”が少ないことの証明になっているように思います。

言語の違い

良くも悪くも、日本語って濃いんですよね。どっしり伝わってくると言うか、言い回しがクサくなりがち。逆に恋愛の歌なんかを日本語のクサくない言い回しでさらっと表現できるアーティストは凄いと思います。

かといって、日本人が英語で歌っていたりしても思いっきり頭ノリの日本語英語丸出しで逆に入り込めなかったりします。

英語にもクサい歌はたくさんありますし、英語だからカッコイイという分けではありませんが、英語の方がクサさが抜けやすいというのは事実。

この辺りはもう趣味の話なんですが、私はメロディーも詩もクサさのない楽曲のほうが好みです。

Sponsored link

市場の話

music
音楽にとって、市場の賑わいは重要な要素です。ここからは楽曲の出来とは別に、洋楽、邦楽の市場の現状から「私が邦楽を聴かない理由」を考えていきます。

ターゲットが若い

オリコンなどの売り上げチャートを見ていると市場がとても若い印象を受けます。主なターゲットとなる層は10代~20代前半といったところでしょうか。

音楽が好きでいろんな曲を聴きあさった耳の肥えた客層は自然と洋楽に流れていくのか、日本の音楽市場にはあまりいないのかもしれません。

この辺は、アンサンブルの項でも話しましたが海外に比べて音楽に触れる文化があまりないのが大きな理由だと思います。

例えば海外では一般的にダンスパーティーが開かれていて、楽曲に体を乗せる機会が数多くありますが、日本でダンスパーティーに参加したことがある人は極端に少ないのでは。

大人になってから趣味で新しい音楽を探して回っている人は、そんなに多くないように思います。そういった客層は日本のメジャーな市場からはほぼ無視されているのが現状ではないでしょうか。

そんな中、そういった層の人たちに向けて洋楽を届ける市場というのが存在しています。本屋に行くと、洋楽を特集する雑誌を誰もが目にしたことがあると思います。

比べて、耳の肥えた連中にマニアックな邦楽を届ける市場というのはあまりメジャーではないような気がします。需要がそもそもないからか、期待に応えるアーティストがいないからかは分かりませんが。

掘り返すのがしんどい

そんな状況ですから、日本にも面白い曲を作るアーティストがたくさんいることは知っているんですが、いかんせんマニアックすぎて掘り返すのがめちゃくちゃしんどい。

頑張って掘り返したところでなかなか出会えませんし、それなら洋楽市場に繰り出した方が好みの曲がたくさん転がっているので、自然と日本の市場から興味が薄れていくというのは少なからずあります。

そうして普通に生活していると、自然と耳に入ってくる邦楽は売れているアーティストになってくるんですが、前述した「市場が若い」という理由により、売れているものは軒並み好みじゃなかったりするワケです。

その点、洋楽のシーンにはムーヴメントが分かりやすく存在していて、「こいつに興味があるなら次はあいつとか好きかもよ」ってな感じで興味が広がりやすいのも魅力です。

まとめ

今回は邦楽と洋楽というジャンルに分けて、「私が邦楽を聴かない理由」を二つのジャンルの「楽曲の違い」と「市場の違い」から改めて見つめなおしてみました。

洋楽だから良い、邦楽だから良いというのはとんでもない暴論ですし、良い悪いはもちろん個人の主観が一番大切なので、客観的に音楽の良い悪いを語らないように気をつけて執筆したつもりです。

大事なことなので2回言います。音楽について良い悪いを語る場は意外と身近にあるとは思いますが、音楽は特に客観的な意見よりも自分の好みが一番大切です。

ここまでタラタラ書いておいてなんですが、ジャンルなんて便宜上のものでしかありませんし、拘らずに自分の感覚と体験に従って好みの幅を広げてほしいと思います。

Sponsored link
コメント016335 PV
CATEGORY :
TAG :

疑問、質問、反論、感想などございましたらお気軽にどうぞ!

*