星野源と細野晴臣との意外な関係とは??

星野源と細野晴臣との意外な関係とは??

星野源はいろんな著名人と関わりがあり、その中に細野晴臣という人物がいます。
なんと星野源が歌を世にだすきっかけになったのが細野晴臣だったそうです。

気になる内容を調べてみました。

若い世代の人は、細野晴臣を知らない人が多いと思うのでまずは、細野晴臣さんのプロフィールをみていただこう。

Sponsored Link


細野晴臣とは?

細野晴臣

細野晴臣

ナタリーから引用

細野晴臣
1947年(昭和22年)、東京都港区生まれ。
中学時代にロックに興味を持ち、15歳あたりからギターを手に友人とバンドを組む。

漫画家を志したこともあるが、立教高等学校(現・立教新座高等学校)、立教大学の同級生だった西岸良平の才能に感服し、漫画家を諦め音楽の道を進むことを決意する。

坂本龍一イエロー・マジック・オーケストラ (Y.M.O.) を結成。
1980年にはその活動がブームを巻き起こすY.M.O.の成功をきっかけにメディアにも露出するようになる
1983年にY.M.O.が解散。

その後もプロデューサーや作曲家としての活動や映画音楽の提供などをこなしながらも、ソロアルバム発表や多くの他アーティストとのユニット結成など自己の音楽活動も枚挙に暇が無い。
Wikipediaから引用

坂本龍一とのバンド結成していた方なんですね。
勉強不足でした。

他にも細野晴臣の祖父は、日本人唯一タイタニック号に乗った人らしいです。

一番驚いたのは世界の音楽界からもリスペクトされているそうです。

ローリングストーンズビルワイマンが、日本公演で来日していた時は、「ぜひ楽屋に来てくれ」と頼まれたそうです。
元ビートルズポールマッカートニー自宅で「YMOのライブを演ってほしい」とオファーが来たことも。

どんだけ才能あんだって話ですが、この偉人と星野源の関係はどんなものなのか……

星野源との関係

星野源細野晴臣CREA Web – 文春オンラインから引用

実は星野源がシンガーソングライターとして歌うようになったのは細野晴臣のおかげらしいです。

昔はボーカルなしの「SAKEROCK」(サケロック)というバンドで活動してました。
当時は知る人ぞ知るみたいな感じで、今ほど有名ではなかったそうです。

SAKEROCKで活動していた頃から「歌いたい!!」と思いながら勇気がなく言えなかったそうで、そのまま流れでボーカルなしのバンドとなったみたいですね。

ある時に、細野晴臣の勧めで「ソロアルバムを出してみない?」と誘われ、これは腹をくくるしかないと覚悟を決めてシンガーソングライターとしてファーストアルバムの『ばかのうた』を作ったそうです。

ばかのうた

ファーストアルバムばかのうた

ファーストアルバムの『ばかのうた』は、細野晴臣主宰のレーベル「デイジーワールド」から発売しています。

2016年6月に発売した『ばかのうた』は第3回CD大賞に入賞しました。売り上げ枚数は1.5万枚を記録しました。

そして、ばかのうたの曲の13曲目『ただいま』の作曲は細野晴臣が担当し、星野源がアルバム収録曲で唯一の共作楽曲です。

星野源は高校生の頃から細野晴臣の大ファンで、尊敬する人からのアドバイスのおかげで自信を持って歌を歌うようになったみたいですね。
細野晴臣も星野源が作る楽曲を面白いと評価しており、星野源の歌う曲を聞いてみたいと思ったんでしょうね。

星野源曰く、細野晴臣は神様と言われる存在らしいです。めっちゃ好きみたいですね。
確かに、ローリングストーンズポールマッカートニーにあそこまで言わせる人は、音楽界の神様と言っても過言ではない気がします。

細野晴臣と星野源の出会いのきっかけ

交流のきっかけは雑誌の編集部が、星野源が大ファンと聞きつけ『一緒に対談連載どうですか?』と誘われたことがきっかけで細野晴臣と星野源の交流が始まったみたいです。

初めて細野晴臣と食事に行った場所はジョナサンというファミリーレストランだったらしく、星野源はその庶民派な細野晴臣をますます好きになったそうです。

ジョナサン

ジョナサン

秋葉原マップから引用

細野晴臣はジョナサンのハンバーグが好きみたいです。W
確かに庶民派ですね。

この神様のような庶民派のような偉人の細野晴臣のおかげで、シンガーソングライターの星野源があるみたいですね。

Sponsored link

疑問、質問、反論、感想などございましたらお気軽にどうぞ!

*