星野源とハマオカモト関係が面白いので徹底的に調べてみた。

星野源とハマオカモト関係が面白いので徹底的に調べてみた。

星野源の交友関係の広さはいうまでもないですが、その中でも、ハマオカモトとは先輩後輩の関係です。
そこで、星野源とハマオカモトと関係性が気になるので調べました。

まずは、ハマオカモトのプロフィールからみていきましょう。

Sponsored Link


ハマオカモトとは?

ハマオカモト

ハマオカモト

引用元:ホットな情報
ハマオカモト
誕生日:1991年3月12日 26歳
出身:東京
職業:ベーシスト(OKAMOTOS)

主なプロフィールはこのくらいですが、ハマオカモトはダウンタウン浜田雅功息子です。
似てますよね。W

中学時代に野球部に入ったが、1日で退部し、友人の勧めでベースを始めたそうです。
そこからベーシストしての道のりが始まったみたいですね。

噂では落語研究会にも入っていたと言われていましたが、これは本人がきっぱり否定しています。
芸人の息子だけあってこのような噂は信じられるのかもしれませんね。

バンドはOKAMOTOS(オカモトズ)というロックバンドに属しており、ベースを担当しています。

ベースの実力は、いろんなアーティストとライブなどに参加するほどの腕前で、日本人で唯一アメリカの大手楽器メーカーのフェンダー社』エンドースメント契約を結んでいます。

エンドースメント契約とは
スポーツ選手や音楽家などの著名な人物と、企業などとの間で結ばれる契約の一種で、企業から報酬が支払われる代わりに、契約した著名人がその企業の商品を使用するという契約のこと。

企業側のメリットとしては、ブランド力の高い著名人が公の場で自社の商品を使用することで、その商品の広告効果が生じることなどが挙げられることが多い。
引用元weblio辞書

つまり、この日本人のベーシストすごすぎるから、俺たちの会社の楽器タダで使わせて宣伝してもらおうぜ!!みたいなことです。

完全にベーシストとして世界に認められた音楽家ということですね。

それほどの実力者なので、日本のアーティストも彼とディエットしたくて引っ張りだこみたいです。
ほんと、一つのことをやり続けるってすごいですよね。

もちろん星野源もハマオカモトのベースの実力の惚れて自身のライブなどでベースとしてステージに立ってもらったり、レコーディングに呼んだりしているようです。

星野源とハマオカモトの関係

出会いのきっかけは、2011年にワールドハピネス(夏フェス)で「サカナクション」を一緒にみていたのがきっかけで仲良くなったそうです。

そして、そこかから星野源がハマオカモトをレコーディングに誘い交流が生まれるようになったみたいです。

初めて、一緒にレコーディングで作った曲は、2ndアルバムの『エピソード』の2曲目の『乱視』と3曲目も『もしも』という曲はハマオカモトがベースとして弾いています

他にも、ミュージックビデオは、『Crazy Crazy』や、恋ダンスでお馴染みの『恋』にも参加しています。

恋ハマオカモト

恋でベースを弾くハマオカモト

引用:Imgrum

仲良しな二人

星野源はNHKコント番組の『LIFE』(ライフ)にもレギュラーで出演してますが、レギュラー陣のオフの過ごし方を紹介する企画で、星野源が非常にクリエイティブなことをしているとスタッフに豪語しました。

それが、お風呂に入っている時に全身湯船に浸かり湯船から顔を出す瞬間をスマホで撮り、それを後輩のハマオカモトに送りつけるという行為だそうです。W

どんな遊びだよW
そしてどんだけ仲良しなんだ……w
「自慢げにこれは僕の中で非常に大事な作業です。」と発言W
その時の画像がこちらです。
星野源星野源
引用:Gooブログ

ハマオカモトは先輩から送られてきた写真にちゃんと感想を添えて返信してくれるそうです

優しい後輩ですね。W

星野源がハマオカモトの好きなところ

ハマオカモトは、世の中に対する矛盾したものに怒りを覚えるらしく、星野源はそんなハマオカモトの怒りエピソードがとても好きお互いに世の中の矛盾した物への怒りエピソードを話して楽しんでいるみたいです。

二人で怒りの話をする時は、暗黙のルールがあるらしく、「ヘビーな怒りエピソードほど面白く、笑えるように」と決めているそうです。
なので、お互い負のエネルギーを溜めないように心がけ、ストレス発散をしています。

そのハマオカモトの怒りエピソードが面白いのでここで紹介しておきます。

「源さん許せないことがあるんです。」

そう言いつつ、とある写真を見せてくれた。
そこにはコンビニで売っている楕円形の菓子パンが写ってて、パッケージにはこう書かれていた ちぎれるバターブレット』

 

それを見せながら彼は血管がちぎれんばかりにこう言った。

「パンは元からちぎれます。」

私は首の骨が軋むほどに大きく頷いた。

引用:星野源著書 いのちの車窓から

確かに!!!

ちぎれるパン

ちぎれるパン

普段、全く意識したことのないところに目をつけるとは……さすがです。

最後に

ハマオカモトが所属するオカモトズは、いろんなミュージシャンからリスペクトされており、ぞのベースを担当するハマオカモトも世界的に認められてミュージシャンです。

星野源は、自分の楽曲に参加する人は、人間的に好きな人を自分で選びストレスのない音楽環境づくりを目指しているそうです。

その中でも、若いけど大御所にも張り合える演奏力をもち人間的にもしっかりしているハマオカモトをベーシストとして迎え一緒に演奏しているんですね。

こんな二人がタッグを組めばそりゃ最高の音楽ができるに決まってますよね。
今後もハマオカモト星野源に注目していきたいと思います。

Sponsored link

疑問、質問、反論、感想などございましたらお気軽にどうぞ!

*