五輪エンブレム問題の真実と芸術家を気取る佐野派のデザイナーたち。

さて、使用中止ということで一応の決着を見た五輪エンブレム問題。今回の件で、日本におけるグラフィックデザイナーの権威は地に落ちたといっても過言ではない。「グラフィックデザイナーってそんなんでいいんだwww」と思われた方も少なくないはず。

果たしてこれには佐野氏を擁護し、パクリじゃないと主張するのみならず、素人を「何も分かっていない」と糾弾した“佐野派”のデザイナーたちにも責任の一端はあるだろう。

不遜、素人の身でありながら、デザイナーとは何か?ということについて持論を展開し、今回のパクリ問題に現れたデザイン界なるものに苦言を呈したい所存である。

Sponsored Link


パクリ問題の真実

まず、今回のパクリ騒動にあたっては“盗作かどうか”が常に問題の前面にあったことを証拠として、“デザイナーとしての本懐を何も分かっていない”と、佐野氏を初め、それを擁護する人々、そして審査員の皆々様には、はっきりとそう申し上げる。※コネうんぬんの話は全くなかったとして

盗作かどうかが問題になるのは“芸術家”の話であって、“デザイナー”は絶対にそこを問題にしてはならない。というのも、デザインの目的はもっぱら“世の中を良くしていくこと”にあり、出来上がったものが美しいかどうかなどということは、そのための過程でしかないのだ。

ただのロゴであればここまで問題は大きくならなかった。「似ている、パクリ、ダサいデザイナーがいる。」一部の人からそう非難されるだけで済んだ話だっただろう。また、一部の消費者から「あそこの会社はあの○○をパクったロゴを掲げてる」と、そう思われるだけで済んだかも知れない。

だが、今回はエンブレム。しかも国を挙げて行う、他の国を招待する大会のそれだ。エンブレムとは、その団体のあり方を表す象徴・紋章である。それを他の国のデザイナーから「驚くほど似ている」とパクリ疑惑を受けたのだから、これを良しとできる国民が果たしてどれ程いるだろうか?

この時点で、東京五輪エンブレムのデザインは「失敗した」。例えバチバチにやりあって盗作ではないという主張を押し通し、裁判に勝ったとして、何も良くはならないのだ。そんなものを「紋章」として自分の国が掲げることを、自国の国民がどう考えるかなど全く想像に難くない。

それでも、盗作かどうかなんて“くだらないこと”を素人ならまだしも、プロと呼ばれる人たちが問題にしているというのだから、この「デザインの失敗の真実」が何も見えていなかったということになる。

そんな事を気にするのは、自身の表現を中心に置く芸術家の仕事だ。デザイナーを名乗るならば、まず考えるべきは何を措いても消費者のことではないか。

消費者を全く無視して、あれやこれやと手を変え品を変え盗作ではないと主張しているデザイナー、似ているから変えるべきだと主張した人を呼び捨てで馬鹿にしたデザイナー、コンセプトが違うと言って消費者の説得を試みるデザイナー。

まるで素人を鼻で笑うどこぞの偉い芸術家の様だ。正直なところ呆れ果てる。この国のデザイナーの地位が低いと言われるのも、これでは仕様がないではないか。

あのデザインを国の紋章として掲げて、胸を張って他国の客をもてなせるというのなら、それこそ神経を疑う話である。

Sponsored link

デザイナーと芸術家の違い

デザインの父と言われた巨匠、アキッレ・カスティリオーニという人物をご存知だろうか。

建築家の”いい趣味”などより、そこに住む人の幸せのほうが、いつでも大事なのです。

という言葉の通り、彼はデザインしたプロダクトの中に、自分がデザイナーとして存在することを嫌った。彼の目標は常に、どこの馬の骨が作ったものかわからないものが、その有用さ、美しさ故に選ばれ、誰かの幸せのために世界中で使われることであった。

グラフィックデザインとは少し畑が違うが、デザイナーの名を自らに冠するならば、自分は消えるべきだ。そこにはデザインされたモノだけが“必要とされ”残らなければならない。その点で、芸術家とデザイナーは大きく“違わなければならない”。

自身が芸術家であるなら、堂々と盗作ではないと主張すればよい。そして戦い、勝利を得て、名誉を守ればよい。しかし、デザイナーが守るべきものは消費者の幸せである。それが出来ないのであれば、デザインに価値などないのだ。

仮にもデザイナーと呼ばれる人間が、自分の作品を、自分の口で「盗作ではない」と主張するなど言語道断。これほどダサい行為があるだろうか?パン屋が自分のパンを不味くて食えないと分かっていながら人には笑顔で売っているようなものだ。

その一点だけが、今回のパクリ騒動の中で常に心象に沸いてくる違和感だった。

最後に

ここに記したのは、自身の哲学に基づいた持論である。プロのデザイナーとして活躍している人たちは、もちろんそれぞれ自らの矜持を胸にデザイン活動に従事していることと思う。佐野氏についてもそれを否定する気はまるでないし、パクリかどうかを追求する気は特にない。

そんな気はさらさら無いのだが、今回の取り下げの理由は「国民が理解しないから」だという。この態度はどうだ。バカにするのも大概にしてもらいたい。佐野氏が自身のHPに掲載したコメントは2ちゃんねるでは「謝罪文に見せかけた恫喝文」として受け取られ、鎮火するどころかさらに燃え上がっている。

当然だ。多くの人の感想は、「この期に及んでもまだ言うか」というところだろう。パクリを認めろとか、佐野氏を追及しろとか、そういうことではない。みんなが言っていることは「フェアにやろうぜ」ってことだろ?平等を謳う民主国家でどうしてそれが叶わない。

恥を重んじる同じ日本人として、ベルギーのオリビエ・ドビ氏を始めする諸外国の方々には「うちの五輪組織委が迷惑をかけてごめんなさい」という気持ちでいっぱいである。

いち消費者として、日本に生まれた同胞として、この国のデザインがもっと世の中を良くするものになっていくよう願っている。

Sponsored link

疑問、質問、反論、感想などございましたらお気軽にどうぞ!

*