ダンケルクの感想、ネタバレ含む、主人公が卑怯。そして時系列に苛立つ。

ダンケルクの感想、ネタバレ含む、主人公が卑怯。そして時系列に苛立つ。

今回は、TSUTAYAではなく映画館で見てきました。2017年9月9日公開のダンケルクです。予備知識なしでは絶対見ない方がよろしいかと………

まず、ダンケルクは実際にあった戦争です。

第二次世界大戦初期、1940年にベルギー・フランス国境を突破したドイツ軍に押され、34万人の英仏軍がドイツ空軍の爆撃のなか英国に脱出したダンケルクの戦いで名高い。大戦中、ダンケルクの町は空襲によって大部分破壊されている。引用:Wiki

クリストファー・ノーラン監督の最新作ということで注目を集めてますね。

Sponsored Link


あらすじ

第二次世界大戦時代、フランスの北端部、ダンケルクでイギリス軍とフランス軍の連合軍は、ドイツ軍に追い詰められる。

英仏連合軍40万人の兵士を撤退するには、船の数が全然足りない状況だ、船に無事乗れたとしても、空からはドイツ軍の爆撃があり助かる確率は極めて低かった。

その渦中にいた若き兵士トミーは、状況を目の当たりにして生き残ろうと必死にもがくのでした。

一方、イギリスでは兵士の窮地を救うために、民間人の船イギリス空軍も出撃しダンケルクで助けを待つ兵士の元へ向かうのでした。

果たして、トミーは助かるのか?

生きようと必死にもがく兵士と、助けるためにダンケルクへ向かう彼らが見た光景はなんだったのか??

見る前に思ったこと

僕の予備知識なしはもちろんです。しかし、それがよくなかった……
この映画は、『生き残るために敵と戦った』ではなく、『戦争からどう逃げ出すか』ということでした。つまりサバイバルです。

なので危機的状況で敵を倒す感じの映画と思ってる方は要注意ですね。この映画は『救出劇』です。

キャスト

若き兵士トミー

フィン・ホワイトヘッド

フィン・ホワイトヘッド

引用:海外ドラマ情報

俳優の経験は浅いですが、あどけなさが残る青年兵士としては見事な演技でした。

なんと2015年までコーヒーショップの店員だったそうです。(こんな店員さんいたら女子は目がハートになるんだろうね。)ドラマの撮影中に、ダンケルクのオーディションを受けて見事合格。

映画デビューがこの作品で、クリストファーノーラン監督に才能を発見されたんでしょう。

これから注目されるだろうなと言ったところです。

アレックス

ハリー・スタイズ

ハリー・スタイルズ

引用:海外ドラマ
ワンダイレクションのボーカルです。映画の宣伝的な役割もあるかもしれませんが、演技はよかったです。

僕はワンダイ・レクションの顔すら知らないので、最初見た時にはピンときませんでした、あとで調べて「そうだったんだ………」って思ったくらいです。

おとなしいトミーと違いアレックスは荒い性格なので、対比できる役がいると見やすくなります。演技はよかったけどこれと言って光ったものはない印象でした。

ハリーは、今後は俳優はやらないかもしれないと噂が流れてます。オーディションを自ら受けて俳優をしたが演技がピークに達し、これ以上を提供できないとか……

演技がピークってなんだ?わかりませんね。自分の中で感じることなんで詮索しても理解できないところです。

ファリア

トム・ハーディ

トム・ハーディ

もう ノーラン監督のお気に入りですよ。お気に入りになるのはめっちゃわかる!!トム・ハーディは最高です。

『ダークナイト』から『インセプション』までノーランの映画に出る確率が高いことで有名ですからね。

今回のダンケルクも僕はトムがいたから最高だったなって感じでした。ダンケルクに向かう空軍役で登場して、ほとんど戦闘機に乗ってるだけですが、かっこいいです。

驚くのは、トムの祖父は戦時中、ダンケルクにいたそうです。感慨深いですね。

ミスタードーソン

マーク・ライランス

マーク・ライランス

引用:ニュースウォーカー

ブリッジオブスパイでスパイ役を演じて、おじさんとおじいさんの中間の顔だし、謎が深い印象だったんですが。

今回のダンケルクでは、兵士を助ける小型船の船長役。ただの民間人です。本来の役が見えたような気がしましたね。安定の違和感ないおじさんでした。

よかったと思った俳優はこのくらいです。

感想ネタバレ

ダンケルク全体の感想は、はっきり言わしてもらうと普通でした。

悪かったところ

トミーがゲスい

海辺で助けをまつ40万人の兵士達は、船に乗るために順番を待っているわけです。
その中で、トミーはもう一人の兵士と協力して先に船に乗ろうと姑息に動くのがどうにも納得できないんですよね。

「列並んでるのに、そんな手を使ったら並んでる人バカらしいじゃん」って冷めた目で見てしまう。(僕が日本人だからでしょうか?)

助かりたいのはわかるけど、それは反則でしょ………何としても国に帰るってトミーは言いますけど、他の兵士だって国に帰りたい気持ちは同じはずなのに。

時系列がわかりづらい

話を進めるのに非常にわかりづらいです。

『ダンケルク 1週間』 『イギリス本国 1時間』 とか字幕で出たけど、前か後かわからない。今どの時間帯の話してるの?って混乱しちゃいます。
気にしないでおこうと思っても、さっき助かった奴が、違う時間帯では漂流してるから、「やっぱ時間も理解しないと流れを見失うわ。」ってなる。

あの辺がすごいわかりづらい!!!エンドロールクレジットで字幕担当は『アンゼたかし』という人でした。「時系列しっかり書いて」とこの人に言いたくなりましたね。w

絶対あそこは前か後かつけるべきでしょ。僕と同じように混乱した人絶対いるはず。

気になったのはこの二つくらいですかね。

良かったところ

迫力

戦争を描くにあたって大事なところは、迫力です。

実際に戦争を経験したことはないですが、映画館でみた時の空爆シーンや銃撃シーンは迫力がやばかったです。

何回も体がビクってなりました。あれは映画館でしか味わえない迫力ですね。

音楽の使い方

常に不安を煽るようなBGMが流れていて、何が起こったんだ?って目が釘付けになります。

やっぱりトム・ハーディ

もうこの人のための映画みたいなところがありますね。

ダンケルクで爆撃から兵士を救うために、空軍として必死に戦い最後には、ドイツ軍に捕まります。
その時の潔さが、めちゃくちゃかっこいいです。

あの瞬間が一番グッときましたね。(魅せる男だな)

以上を考慮した結果。ダンケルクは普通でした。

一番嫌なのは、字幕ですかね。時系列は誰でもわかるように作ろうよ………が一番心に残ります。w

Sponsored link
コメント0491 PV
CATEGORY :

疑問、質問、反論、感想などございましたらお気軽にどうぞ!

*