私はダニエル・ブレイクの感想。ネタバレなし。社会保障制度の限界が見えてきた。

私はダニエル・ブレイクの感想。ネタバレなし。社会保障制度の限界が見えてきた。

ケンローチ監督の映画は労働者階級の映画が多く社会派な作品がいくつもあります。結果的にその中でも最高の作品でした。

本当は映画館で見たかったんですが、近くの映画館で上映しておらず結局TSUTAYAさんで借りました。

もっといろんな映画を上映してくれよ。って切実に思います。

そんなことは置いといて。

Sponsored Link


あらずし

イギリスに住む59歳のダニエル・ブレイクは、心臓病を患っており、医者からは仕事を止められています。大工の仕事一筋で頑張ってきたが仕事は一旦辞めて雇用支給手当をもらい国のお世話になっていました。

引き続き手当をもらおうと、雇用支給手当の審査を受けますが、あろうことか審査は通らず支給手当は停止されてしまいます。必死に訴えるも聞き受けてはもらえず苛立っていたところ現れたのは二人の幼い子どもを抱えたシングルマザーのケイティでした。

彼女もまた、国の助けを必要としていたのですが、聞き受けてはもらえず、福祉施設の事務員と揉めていたところをダニエルが、配慮のない職員にしびれを切らして怒鳴りつけます。

ケイティの事情を聞いたダニエルはケイティと二人の幼い子どもの手助けするのでした。

ダニエルの優しさにケイティは救われて、お互い助け合いながら生きていきますが、待っていた現実は厳しいものだったのです。

キャスト

ダニエル・ブレイク(デイブ・ジョンズ)

デイブ・ジョンズ

デイブ・ジョンズ

引用:Getty Images

ダニエル・ブレイク役を演じたのは、イギリス出身のコメディアンのデイブ・ジョンズです。
なんと、香港オーストラリアでも活躍している世界的なコメディアンだそうです。

舞台で演じることはあるが、映画は今作が初出演です。しかしインディペンデンス映画賞で主演男優賞を受賞しています。

受賞してもなんら不思議ではないです。この人の演技はあまりに優しさに溢れていたし、ダニエルの皮肉ったジョークも最高の演技でした。

あの優しさと、口うるさい頑固な感じがまた絶妙でしたね。

ケイティ(ヘイリー・スクワイアーズ)

ヘイリー・スクワイアーズ

ヘイリー・スクワイアーズ

引用:ダニエルブレイク公式サイト
ロンドン出身のヘイリーは、大学で演技の学士号を取得しているそうです。
そして、女優として活動しますが、脚本の執筆もしています。

今作で、ヘイリーもインディペンデント映画賞の有望新人賞を受賞しているそうです。

もちろんこの人の演技もよかったです。ケイティが二人の子どもを自分を犠牲にしてまで必死に守ろうとする姿に、涙止まりません。

もう耐えきれずに泣くことは間違いないですね。

その他のキャスト

ケイティの子どもの役は、弟のディラン役(ディラン・フィリップ・マキアナン)と姉のデイジー役(ブリアナ・シャン)というあまり知らない子役でしたが、見事な演技でした。
ダニエルブレイク
ディランはあまりにも自然体すぎて「普段からこんな感じちゃうの?」って疑ってしまいましたね。

そして、ダニエルの隣に住む、チャイナという青年は、ケマ・シカズウェという黒人俳優が演じてます。

いつもダニエルに小言を言われながらも、お互いを信頼している良き隣人です。
そして、お金持ちになろうと悪巧みを考えていく彼の姿を拒否せずに見守るダニエルにほっこりしました。

ケンローチ監督

ケンローチ

ケンローチ監督

引用:web DICE

社会に疑問を投げかけるような映画を作るも、こうあるべきという押し付けはなく、ただその物語を純粋に映し出して教えてくれる監督。過去に撮った作品は数多く、そして数々の賞も受賞しています。

撮る映画は人間ドラマが多く、俳優の自然な演技を引き出すためにシーンは最初から撮影するそうです。
確かにそうしたほうが俳優さんも役に入りやすいですよね。

僕はケンローチの映画の中でも大好きな作品はたくさんありますが、『麦の穂を揺らす風』も好きだし。
『SWEET SIXTEEN』のなんとも言えない感情になる作品も大好きです。

そして恋愛映画で一番と決めてる映画が『やさしくキスをして』ですね。これの上をいく恋愛映画はないと思ってます。

やさしくキスをして

やさしくキスをして

引用:PictaStar.com

ダニエルブレイクから脱線してますね。w

それくらいケンローチの作品は大好きです。

私はダニエル・ブレイクから学んだこと

福祉の恩恵を受けようとするも、ダニエルとケイティはしっかりと保証してもらうことができずに、理不尽な扱いを受けます。

この話の舞台は、イギリスです。

しかし、日本とも似ている部分があり、共感を感じずにはいられませんでした。

ダニエルは福祉の事務員の指示どうりにするがなかな事が進まずに複雑な手続きを踏むばかり、全く前に進んでいるような気もせずにイライラします。

公務員として働く事務員は、マニュアル通りにするだけです。苦しい人を守り助けるのが、国(公務員)の役目のはずなんですが………

日本でも、生活保護だったり、雇用手当だったり助けるべき人の元にしっかり届かずに苦しい思いをする人がいると思います。
病気で仕事をしたくてもできない人や、国の希望である子どものために一生懸命になる母親がいるのに………

「基本的人権とはなんぞや……」と僕は考えさせられました。

複雑化した社会保障制度の穴が見えてきましたね。
あまり、書きすぎるとただの愚痴になりそうなのでこの辺でやめておきますが、ダニエルブレイクにはそんな社会保障制度の穴を教えてもらいました。

そして、こんなに純粋に人への思いやりを感じる作品は、今まで見た事がありません。

あなたも是非TSUTAYAで借りて見たください。

Sponsored link

疑問、質問、反論、感想などございましたらお気軽にどうぞ!

*