映画『ブラックパンサー(原題)』の予告解禁!公開やキャストは??その内容に迫る!!

映画『ブラックパンサー(原題)』の予告解禁!公開やキャストは??その内容に迫る!!

予告映像を解禁した映画『ブラックパンサー(原題)』のキャストからあらすじを分析してみた。

ブラックパンサーは、黒いスーツに身を包んだ謎のヒーローです。

『キャプテン・アメリカ シビルウォー』で、登場したブラックパンサーですが、ブラックパンサー単体での映画も公開が決まっていたところから、 マーベルファンの間で話題になり、公開を首を長くして待っている人がたくさんいます。

僕もその中の一人です。

まずは、ブラックパンサーの能力や映画のあらすじから紹介していきたいと思います。

Sponsored Link


ブブラックパンサーとは??

ブラックパンサー

Asteroid Cowboyから引用

ブラックパンサー
隔絶されながらも発達した技術を持つアフリカの国家、ワカンダの王ティチャラがブラックパンサーである。
ブラックパンサーの名はワカンダの統治者が代々引き継ぎ、そのためには己の力で獲得しなければならない神聖な名である。
儀式で魔法的なハートの形をしたハーブを摂取することで超人的な能力を与えられるブラックパンサーは、彼の民と世界をあらゆる脅威から守る使命を担っている。
本名: ティチャラ
身長: 182.8cm
体重: 90.7kg
能力: ブラックパンサーは、高められた腕力スピード持久力敏捷性そして反射神経を持ち、格闘技、アクロバット、手で扱える武器の達人でもある。
エネルギー・ダガーをはじめとしたワカンダの高度な技術を使いこなし、ヴィヴラニウムを編み込まれたボディ・アーマーやステルス航空機なども自在に操る。天才的な知性を誇り、物理の知識が豊富で発明にも長けている。
MARVEL公式サイトから引用

今までのマーベルヒーロと異なるのはワカンダ国を代表するヒーローということでしょう。
その国のリーダーが力を受け継ぎ世界と国の民を守っていくようです。
いわゆる世襲制のようなヒーローです。
国の王ということですから、財産はトニースタークよりあるかもしれません。

ブラックパンサー役チャドウィックボーズマン

チャドウィックボーズマン

一番の代表作は『42世界を変えた男』でしょうか。
多分、ブラックパンサーになってしまったら代表作は、ブラックパンサーになるでしょうけど。

他にも、『ジェームズブラウン最高の魂を持つ男』の帝王のジェームズブラウン役で映画に出演しているみたいです。
ジェームズブラウン役とかこなしちゃうって若いのにすごいですね。

あらすじ

マーベル・スタジオの「Black Panther」は、ティ・チャラがワカンダ国王である父の死後、故郷に帰り、高度な技術力をもつ孤立したアフリカの国ワカンダで亡き父の跡を継ぎ、正当な地位である王位に着く様子を描いている。
しかし、強大な力をもつ古い敵が再び姿を現し、ワカンダ王国と世界を危険にさらす恐ろしい戦いに引き摺り込まれた時、ティ・チャラの王としての気概、ブラックパンサーとしての勇気が試されることになる。裏切りと危機に直面する若き王は、国民の安全と生活を守るため、味方を集め、ブラックパンサーの力の全てを解放しなければならない。IGNJAPANから引用

ティ・チャラの父は、シビルウォーで亡くなっているため、時系列でいうと、シビルウォー後の話になるみたいですね。
強力な力を持つ敵とはどんな人物か掘り下げていきましょう。

悪役はなんとあの俳優

今回の悪役は、三人現れるそうです。

マイケル・B・ジョーダン

マイケル・B・ジョーダン

ナタリーから引用

悪役は、なんと、『クリード チャンプを継ぐもの』一躍有名になった、マイケル・B・ジョーダンです。
演じるのは王家に復讐を誓うエリックキルモンガーという役を演じます

アンディーサーキス

そして、アベンジャーズ(エイジオブウルトロン)で、ちょっと登場して、片腕切断されたアンディーサーキス演じるユリシーズクロウも出てきます。

ユリシーズクロウ

アメコミ映画情報局から引用

ウィンストン・ディーク

最後の一人が、新人で抜擢されたウィンストン・ディークが白いゴリラの敵のマンエイプを演じることに決定しているみたいです。

その他のキャスト

他にも多彩な俳優が勢揃いしており、あの有名俳優も出演が決定しているそうです。

フォレスト・ウィテカー

『スターウォーズ・ローグワン』などの大ヒット作に多数出演している超有名俳優のフォレスト・ウィテカーも『ブラックパンサー』に出演が決まっています。

有名俳優が『ブラックパンサー』に出演するので、かなり話題に待っているようです。

役は、ワカンダ国の政治家を演じることに決定しているそうです。
かなり重鎮な役になりそうですね。

ダニエルカルーヤ

そして、『ボーダライン』に出演していたダニエルカルーヤが、ティチャラの親友役としても登場します。

ルピタ・ニョンゴ

ルピタニョンゴ

Celebeeから引用

『それでも夜は明ける』でアカデミー賞女優にノミネートされた、ルピタ・ニョンゴも出演が決まっています。
気になる役はまだ発表はしてないみたいです。

最後に

予告の解禁により、見たい気持ちが爆発してしまいしまいますが、全米公開が2018年2月、日本公開は2018年の予定となっており、まだまだ首を長くして待つ必要がありそうです。

これからもブラックパンサーの映画情報を追いかけたいと思います。

Sponsored link

疑問、質問、反論、感想などございましたらお気軽にどうぞ!

*