働きたくない人に読んでほしい。日本の明るい未来の制度。『ベーシックインカム』とは?

働きたくない人に読んでほしい。日本の明るい未来の制度。『ベーシックインカム』とは?

ベーシックインカムって知ってますか?僕は恥ずかしながら知りませんでした。内容を知った時はベーシックインカムは最高の制度だなって思いました。その内容をご紹介しましょう!!

ここ何年かで注目されてる話題の制度らしいんですが、日本の未来を明るくするにはこの制度しかないと僕は確信しました。

実現している制度ではないですが、面白い制度なので知らないようでしたら是非読んでください。

ベーシックインカムの中身とデメリット・メリットを簡単に説明していきましょう。

Sponsored Link


ベーシックインカムとは??

所得保証制度の一つです。

年齢や性別に関係なく一律で現金を給付してくれる仕組みです。
つまり、年金や生活保護など、決まった人がもらえる給付ではなく、全ての国民が一定額も現金をもらえるということです。
封筒のお金
毎月決まったお金がもらえるって最高ですよね。

現在の社会保証制度

現在の日本の社会保証制度は。この4つから成り立ってます。

  • 社会保険
  • 社会福祉
  • 公的扶助
  • 医療・公衆衛生

年金とか雇用とか生活保護とか基本的には、誰でもこの制度を受ける権利はあるんですが、その状況にならないと受け取れません。

しかし、ベーシックインカムは、関係ない。
全ての人に一定額のお金をあげちゃうという仕組みですからね。

毎月8万円が国からもらえると考えるとどうですか??
それだけで暮らしに余裕ができるし、生活は豊かになります。
通帳
給料が手取り10万円でも、その上に8万円プラスされて、18万円です。

てか仕事をしなくて済むってことになりますよね。

今の労働問題に終わりを告げることができる制度です。
そのかわり、年金などの制度はなくなるということになりますが。

デメリットはあるんでしょうか??

ベーシックインカムのデメリット

主に問題とされてるのは、ベーシックインカムをするにあたっての財源と、働かない人が出てくること。

財源確保は大丈夫か?

財源確保は、これを見てもらうとわかるんですが大丈夫そうです。

計算例を見てみましょう。
月8万円×12カ月=96万円が1年間で国民ひとり当たり必要という事になります。
これを全国民1億2700万人に支給するという場合を考えてみましょう。

この場合、96万円×1.27億人=122兆円がベーシックインカムの給付に必要となります。
国民の所得総額(給与所得・申告所得)は約250兆円です。

所得税のさまざまな控除をなくし、一律45%の所得税をかけた場合、約112兆円の税収が得られます。

現在の所得税額の16兆円分はベーシックインカム以外に必要として差し引いても、残りの96兆円をベーシックインカムに充てることが可能です。
それでもまだ26兆円が不足することになります。

しかしながら、ベーシックインカムが導入されれば、年金や生活保護等にかかる国や地方の公費負担は必要なくなり、厚生年金のうちこれまで企業が負担していた保険料分等も活用すれば、不足分の26兆円を補うことが可能となります。

大ざっぱな計算ですが、ベーシックインカムの導入は実現可能なものであることがわかります。

引用:ベーシックインカムの財源は?

年金や、公費負担も必要ないと考えると余裕そうですね。

働かない人が出てくる。

別に働かなくてもお金が入ってくるので、生活するのには困らなくなります。
しかし、そのことで労働する人が減ってしまうことが懸念されているようです。

今の段階で働きすぎな人が多い日本は、仕事を辞めてベーシックインカムだけで生活する人が増えても問題ないと思います。
寝てる人
だいたい働きすぎな人のための制度だと思うし、その人がそれで幸せを感じるのであれば問題はないはずです。
ただ働かない生活するのが嫌な人は自分で企業するか、仕事を続けるかを選択できるし。生活する上での選択肢が増えるということなので最高ですよね。

企業側としては、人手不足の場合は倒産の可能性が出てきますが、人件費がかかりすぎている企業の場合は良い傾向になります。

どっちみち仕事を辞める人は出てくるのです。

人手不足で悩む企業は痛い思いするので、これはデメリットかもしれませんけどね。

では、逆にベーシックインカムによるメリットとはなんでしょうか?

メリットはたくさんあります。

ベーシックインカムのメリット

  1. 働かなくていい
  2. ブラック企業がなくなる
  3. 企業が増える
  4. 少子化対策
  5. 犯罪が減少する

働かなくていい

お金
ベーシックインカムで決まった金額があれば、無理に会社に勤めなくても問題ないです。
現在、ブラック企業と言われてる会社に勤めてる人なんかは、転勤をしようと辞めてもベーシックインカムがあるので生活費は賄えるというわけです。
そのままゆっくり仕事を探してもいいし、企業してもいい、働かなくてもいいということですね。

選択肢が増えるというのがベーシックインカムの最大の長所でしょう。

ブラック企業だけど、現在の給料からは離れられないと考える人でも安心です。

ブラック企業がなくなる

人手不足などで、労働基準法を無視するような会社に勤めていても、ベーシックインカムで辞めていく人は必ず現れるのでブラック企業と呼ばれる企業はなくなります。
それでも「会社に恩があるから」という理由で会社に勤め続けるのであれば、そうしたらいいですけど。

それにブラック企業の経営者は、人手不足に拍車がかかるのを抑えるために経営を見直す良いきっかけになると思います。もし、リストラをされてもベーシックインカムがあるので生活費の心配はなくなるでしょう。

企業が増える

ベーシックインカムで、ある程度の余裕ができれば、企業をする人も現れるでしょう。

起業しようと一生懸命貯金をしてる人の手助けになることは間違いないです。

少子化対策

現在の日本は、大学卒までの子どもを育てるのにかかるお金は、約3000万円です。
その費用を考えると子ども一人育てるのに大変なイメージを抱きますが、ベーシックインカムは年齢性別関係なくお金を支給するので言い方が悪くて申し訳ないですが、子どもの数だけお金が支払われます。

なので子どもを育てるのにかなりの手助けになるということです。

しかし、ベーシックインカムを利用して、子どもに支給されたお金を無駄に使う(ギャンブルなど)悲しいことが現実には起こると思うので、その辺は考えないといけないところですね。

犯罪の減少

ホームレス
例外なく全員にお金が支給されるので、ホームレスが減ったり、貧困による犯罪が減ります。

都会などにいるホームレスも劇的に減ることになるでしょう。結果的に治安は改善されていくでしょうね。

実際にベーシックインカムを実験した国がある

実際に、ベーシックインカムを一部の地域だけで実験した国も数多く存在しているみたいです。
国の事情により結果は様々ですが、幸福度が増したり、労働意欲の減退はみられなかったりと、いい結果が出ているようです。

最後に

ここまで読んでみてどうですか??
ベーシックインカム最高です!!

しかし、ベーシックインカムが実現するということは、お金に余裕ができて時間にも余裕ができるわけです。
ほとんどの人が「お金がないから仕方なく働いてる」ということがなくなるので、自分にとっての幸せを考えることになると思います。

ホリエモンのこの発言からわかるように、「みんな労働信仰からいやいや働いてる」という状況がなくなり、「仕事で時間がなくて忙しいから自分のやりたいことができない」という言い訳ができないので本当に自分の実力を試すということになるんでしょうね。

ちょっと怖い………w
何にせよ雇用から逃れられないような制度よりよっぽど自由で人生の選択肢が増える最高の制度だと思います。

僕は、日本の雇用形態は異常だといつも思っているので、ベーシックインカムをする日本になってほしいと考えてます。
これまで年金を頼りにしてる人たちはどうなるのか?とか問題は必ず出てくると思いますが、その問題を解決してでも是非実現してほしい制度です。

ベーシックインカムをあなたはどう思いますか??

Sponsored link

疑問、質問、反論、感想などございましたらお気軽にどうぞ!

*