最初はみんな優しいやん?手に入らないものほど欲しくなり、手に入ったものはないがしろにする男の心理

最初はみんな優しいやん?手に入らないものほど欲しくなり、手に入ったものはないがしろにする男の心理

こんちは。上の画像、「恋愛 すれ違い」のワードでヒットした多分無料素材かなんかなんですけど、ケータイを見てメールを待ってるけど来ない寂しさみたいなものを表しているのかな。持ってるものが既にケータイに見えないっていうね。時流の早さに驚きます。

まぁそんなことはどうでもいいんですけど、この度、良く知る友人が失恋いたしまして。っていうのが妙な話でね。彼は「手に入らないものほど欲しくなる、手に入れたものはないがしろにする」という恋愛の心理の話では必ず語られるあの現象を地で行く男なんです。

というわけで今回はそんな恋愛の心理についてあれやこれやと語ってみようと思います。

Sponsored Link


奇妙な失恋の話

彼にはずいぶん前(1年ぐらいだった気がする)からやり取りをしていた女友達がいまして、彼女は彼に惚れていたようなんですね。だもんで、メールは彼女の方からホイホイ入ってくるし、ちょっと気持ちを仄めかす様なやり取りがあったりとかで、彼はまぁ良い気分だったわけですよ。

それが、段々とその関係が彼にはめんどくさくなってくるんですね。そっけない態度であしらって、彼女とは疎遠になっていくわけなんですけど、その失恋した相手というのが彼女なんです。

というのも、最近仕事やプライベートが上手く行かず悩んでいたところ、最近になって久しぶりに彼女に連絡してみたら彼氏が出来ていたと。それで彼はすこぶる落ち込んで、絶望に打ちひしがれていたのでした。

まぁざっくりと説明したんで「こいつバカなんじゃねえの?」と思われるかも知れないですけど、私も例に漏れず「こいつバカなんじゃねえの?」と思いました。

いやはやしかし彼は恋愛に関してはすこぶるタイミングが悪く、こうやって「自分が好きになると相手はそうでもなくなっている」ということを繰り返し、成人してからはや幾年月も童貞として過ごしているのです。

そんなこんなで、「俺はいつもこうだ・・・もしや一生・・・」という思いに駆られ、仕事が上手くいっていないことも手伝って、彼の凹み様と言ったら。それはもうこの世の終わりを見ているかのようでした。

Sponsored link

手に入らないものほど欲しくなる心理

いやはや人の心理というものはよく出来ておりますな。

手に入らないと思えば余計に欲しくなるんですが、全く望みがないとなると手を出そうともしない。その心理を駆け引きに応用する人たちからすると、絶妙な距離感を演出するのが片思いを成就させるコツのひとつだったりします。

手に入ると気持ちが冷めていくっていうのもありますね。これがまた厄介で、どんなに情熱的に昂ぶっていた気持ちも手に入ってしまうと次第に陰りを見せ始めます。例外はまだ見たことないです。

そして「自分はひょっとして好きではないのかもしれない」と思い始めて、関係をないがしろにしてしまうという愚行に走る人は多いです。はい、私です。私の過去の恋愛は大体80%ぐらいの確立で相手に浮気されて終わってきたんですが、まさに上に書いたようなことを連発してきた愚か者でございました。

彼の場合はまず、「そういうもんだ」っていう理解が足りないんですよね。どうやら恋愛にはそういうところがあるらしいってのが、自分で分かっていれば打つ手もあるし思いようも変わってくるってもんです。

いやー全く純粋すぎるというか真面目すぎるというか。だから恋に恋して恋に破れる。恋は飽くまで恋であり、愛とは全く別モノです。

永遠の愛は確かに存在すると思うけれども、永遠の恋愛なんて聞いたことも見たこともありません。恋愛関係の失敗のほとんどは、永遠の恋愛を求めていて、しかもそれが至上だと勘違いしているケースが圧倒的に多いように思われます。

最近ベッキーと誰でしたっけ?とにかく下衆野郎との不倫がかなり騒がれてましたけど、それも割とこのパターンにハマってるように思います。ニュース見てないんで良く知らないですけど。

あとは序盤からありもしない永遠の愛を夢見過ぎて、ひたすら空回ってる人もちらほら見ます。今回の彼のケースはこっちに近いかも。物事には順序ってありますからねー。大事です。とか何とか偉そうなこと言いながら、自分の経験を振り返ってかなり遠い目になってますがね。

彼のその後

時間が許す限り話を聞いて、散々励まして心配して、結局は新しい女性とメールでやり取りを始めてから復活してました。何はともあれ、元気になってよかった。

そう彼に言ったところ、「みんなのおかげだ!」と力強く返してくれたのですが、どう考えても9割は新しい恋愛対象のおかげだろと。それを聞いて私は「多分また同じ事を繰り返すだろうなー」と遠巻きに思いながら、ひっそりと応援しているのでした。

Sponsored link
コメント04484 PV
CATEGORY :

疑問、質問、反論、感想などございましたらお気軽にどうぞ!

*