ヒゲ脱毛

青髭の悩みに一番良い対策は何?青髭脱毛でから解放されたい!

007430

本来なら体を外敵や寒さから守るための大切な存在だった体毛、今やムダ毛という名で嫌われる存在へと変貌してしまいました。男性の場合、脱毛サロンで最も需要が高いのが髭脱毛

男性も美容に関心を持つ方が多くなってきたことの現われですが、それと共に毎朝の処理が面倒だからとサロンの戸をたたく方も少なくはありません。

朝の髭剃りは習慣だからと特に気にしていない方でも、青髭脱毛というと気になるのではないでしょうか。どんなにきちんと剃っていても夜になると青海苔のような髭が生えてきませんか。この青髭、清潔感がなくだらしなく見えると女性たちからの評価は厳しいのです。

毎朝きちんと剃っているのに女性からの評価が下がっていくのは困りもの。営業職など人と関わるお仕事をしている方であれば、仕事の効率にも関係してきます。

不快感を与えたり、きちんとしていないように思われるのはビジネスマンとして大きくマイナスです。なぜこのような青い髭が生えてくるのでしょうか。どのような対策法があるのでしょうか。青髭について掘り下げてみてみましょう。

エステサロンに行く方も多くなったとはいえ、まだまだ大多数は自宅でこっそり気にしているだけ、あるいは男は美容の分野に手を出してはいかんと本来のままの姿で勝負している方も多いでしょう。

とはいえ、青髭を薄くする効果を持つローションがあると言ったら、家庭用脱毛器を使う・あるいは脱毛サロンに通うことで効果が得られるとなったらどうしますか

一度青髭が出てき始めたら、しっかりと剃ったとしても無くすことはできません。青髭発生の原因はそりのこしがあるからというわけではないのです。そったところでどうにもならない以上は、違った手段を考えるしかありません。

剃っても消えない”青髭”の原因

毎朝、カミソリやシェーバーを使って髭を剃っているでしょうが、ここで剃ることができるのは皮膚の表面に出ている部分のみ。皮膚の下に残った髭の根っこまで剃ることはできません。これが薄い皮膚を通して見えている、青髭の正体なのです。

ちなみに、腕や脚など他の部分を剃っても青髭にならないのは髭に比べると細いから。髭は体毛の中でも特に濃く、0.1mm程度の太さです。しかも毛根の生えている場所が皮膚に近いため根っこまでよく見えるのです。

剃られている部分も問題です。体毛はどれも毛先が細くなっているのですが、カミソリやシェーバーがカットするのはその細い部分・毛幹ではなく太くなった毛根に近い部分です。そのため断面がよく目立ち、青ひげは強調されるのです。剃ると濃くなると言われるのも、本当に濃くなるわけではなく断面のせいです。

だからといって毛根部分も取り除こうと深く剃るのは危険です。お肌を傷つけてしまいます。手で抜くのも、皮膚の中に毛根が埋まった埋没毛になることもあるので間違った髭処理もNGです。埋没毛は黒く残って一生消えないこともあります。

同じように髭の処理をしているはずなのに、青髭に悩まされる方もいればそうではない方も。青髭の原因としては男性ホルモンが関係することもあります。男性ホルモンが多いと、毛乳頭の付近にある5αリダクターゼという酵素と混じりあい、毛乳頭が活性化。毛が生えやすくなるのです。

遺伝的要素もありますが筋トレのやりすぎ・ストレス・食生活の乱れによってテストステロンの分泌が増えていることが関係している場合もあるので、適度な運動を心がけ、ストレスを溜めないように・食生活のバランスを正すよう、日々の生活にも気を使いましょう。

あなたに合った青髭対策はどれ!?

p3

最もよいのは生活習慣の改善。青髭対策にもなりますし、現代人に多い生活習慣病改善にも。元気に長生きすることができます。皮膚から髭透けて見えるくらい色白さんなのですから、適度な運動も取り入れてみましょう。

お日様の元で体を動かしていると焼けて、更には体も締まって男らしくなります。ストレス解消にもなりますし、ホルモンバランスも整います。

大豆イソフラボンには男性ホルモンを抑制する効果があるため、大豆製品を積極的に摂取してください。食事時間や睡眠時間を規則正しくするだけでも違います。特に22時から深夜2時までのゴールデンタイムはホルモンバランスを整えるのに最適な時間帯。この時間に眠るようにしましょう。

なんとなく手で髭を抜いてしまうくせを持っている方はそのクセ解消してください。カミソリやシェーバーが原因とは言っても無理に深剃りしているとお肌が傷つき、肌荒れの原因に。お肌を守ろうとしてより濃くて太い毛が生えてくる可能性もあります。

間違った処理方法はより青くしてしまうことになるため、違ったアプローチ方法を考えた方がよいのです。正しい髭剃りをしながら生活習慣を改善していけばお肌のダメージも減り、ホルモンバランスも整うため次第に悩みは解消されるはずです。

とはいえ、これらの方法はお金もかかりませんし、根本的な改善とはなるものの結果が出てくるまでにかなりの時間を要することになります。できるだけ早く青髭の改善をして女性たちに嫌がられないお肌を手に入れたいということになると、何らかの道具を購入するか、専門のサロンに行く必要は出てきます。

もちろん、生活習慣の改善も同時に進めていないと本来の効果は出てこないため、きちんと続ける必要はあります。

髭を薄くする効果のあるローションを使う

メ正しいカミソリやシェーバーの使い方として、深剃りしない以外にも、順序にも決まりがあります。何となく朝、髭剃りをする習慣にしている方が多いでしょうが、これは正しいやり方です。人は睡眠中に疲労やダメージを回復すると同時に、髭も濃く太く成長するからです。

剃る前には洗顔をしてください。顔をキレイにするだけでなく、髭に水分を吸収させてやわらかくすることができるのです。シェービングクリームなどを使ってお肌が傷つきにくいようにしましょう。

剃った後はローションなどで保湿してやります。髭剃り後のお肌は細かい傷がついていたり乾燥している状態。それをそのまま放っておくとお肌を守るためにと、より濃い毛が生えてきてしまいます。

髭剃り後のローションですが、保湿効果以外に抑毛効果のあるものを利用してみてはいかがでしょう。使用することで毛の成長が抑えられるので、朝剃ったのに夕方には青髭に、ということがなくなります。

すぐに効果が出てくるわけではなく、実感できるまでは1ヶ月から2ヶ月はかかりますが、ただ塗るだけと手軽なので始めてみてもよいでしょう。食事で摂ることで男性ホルモンを抑制する効果のある大豆イソフラボンが入っています。

その他にも、パパイヤやパイナップルエキスなど、自然由来のお肌に優しいものを選びましょう。インターネットで購入することができ、それほどお値段も高くはありません。初回特典や定期購入特典でそのまま購入するよりも安く手に入れられることもあるので、それぞれの公式サイトで調べてみてください。

体の中から外から大豆イソフラボンを入れてやることで、続けていれば次第に薄くなっていくはずです。サロンに行くのが面倒だというなら家庭用脱毛器を購入するという手もあります。

家庭用脱毛器で自分で脱毛する

青髭もできるし、毎朝の処理も大変だし、というのであれば毛そのものを無くしてしまってはいかがでしょう。とはいえ、毛周期というのもあるので脱毛サロンには何回か回数通わなければなりません。

忙しい毎日を送るビジネスマンにとっては大変ですし、費用の面で・あるいは脱毛サロンに通うこと自体恥ずかしかったり抵抗があったりという方もいるでしょう。

そんな方におすすめが家庭用脱毛器

家庭用とはいえ、サロンで行われている光脱毛の器具は同じようなものです。十分効果が期待できそうです。

素人でも扱える器具だけに光の照射レベルは低くて効果が出るまでには時間もかかるのですが、自分で持っているのですから夜中でも休日でも好きな時間に処理をすることができます。そのためおすすめです。

ただ、髭というのはその他の部分に生えている体毛と比べて濃く太いもの。特に毛が濃い方であれば効果が実感できるまでにかなりの回数頑張らなければならないことは知っておきましょう。

家庭用脱毛器として有名なのは「ケノン」などの商品ですが、本来は女性の方が多く使用するもの。男性の髭となるとかなり手ごわいのです。

口コミで見ると

  • 「半年かかった」
  • 「弱いレベルでやったので半年頑張ってもまったく薄くならなかった」

という意見もあるほどです。

それに、濃ければ濃いほど痛いです。だからといって出力を下げれば効果が弱くなるし、出力を上げれば痛みに耐えなければならないし、それを知った上で試してみてください。

カミソリやシェーバー同様に、脱毛期も使用することでお肌は荒れて敏感な状態になります。使用後はローションを塗るなどアフターケアも万全に行わなければなりません。自分で家庭用脱毛器で脱毛する以上はアフターケアも自分で、です。

脱毛サロンで完全に生えない処理をする

家庭用脱毛器だと出力が弱いことからなかなか効果が現れません。それに、毛根を破壊するとまではいかないためある程度の期間が過ぎるとまた生えてきます。永久脱毛をしたいというのであれば光脱毛では無理です。脱毛サロンにて医療レーザー脱毛を行わなければならないのです。

こちらは出力が強く、その分威力も強いのですが、そうなると副作用の危険性も強くなるため、医師免許を持つものでしか取り扱いができないのです。何かトラブルが起きた場合に適切な処置を行わなければなりません。レーザー脱毛の家庭用のものというのはありません。

照射威力が強いため、光よりも短期間で施術を終わらせることができます。脱毛サロンに通う時間を取るのが大変という忙しいビジネスマンにもピッタリなのです。

そして、一度行えばもう二度とその部分にムダ毛が生えてくることはありません。毛根が残っていない以上は青髭に悩まされる心配もないというわけです。

威力の強さから光よりもレーザーの方が痛みが強く感じられます。とはいえ、医師免許を持つものが施術してくれているのですから、もしもその痛みが我慢できないというのであれば麻酔をかけながら施術してもらうことも可能です。

笑気麻酔やクリーム麻酔などを使えば痛くなく、より効果的な脱毛が可能となるのです。

自宅で処理となると、出力の強さを調整したり、処理後のアフターケアなど面倒です。場合によってはそれによりお肌が傷ついてより髭を濃くすることになったり、さまざまな肌トラブルが起こる危険性も。お金はかかるけれども専門家の手に任せた方が安心です。

特に医療レーザー脱毛の場合は医師が施術を行なってくれるため、痛みや出力は強いものの安心感の強い脱毛処理方法といえるのです。

青髭対策のまとめ

今にビジネスマンたちは忙しい毎日を送る中でどうしても食事の時間や内容も不規則に・夜遅くまで起きていて休日は寝だめするなど睡眠時間も不規則です。ストレスも溜まる一方です。

そんな中、青髭によるストレスを増やすよりは、少しでも健康的な生活が送れるように日常生活を改善すると共に、抑毛ローションや脱毛器具などによって改善するようにしましょう。

青髭を無くそうと髭を剃りすぎると逆に青髭は濃くなっていく一方です。適切な対策を取るためには、原因を知ることも必要です。お肌にも男性ホルモンにも良い状態を保っていればそれほど濃くはなりません。

いまどきは、男性が脱毛サロンに通うことも決してめずらしくはなくなりました。少しでも早くコンプレックスを解消したいというならレーザー脱毛もおすすめです。信頼できるクリニックが見つかればアフターケアまで万全で安心して任せることができます。

忙しい日々を送る中で青髭の悩みも消え、毎朝の髭剃り習慣もやらなくてよくなれば、それだけでも少しは朝がのんびりでき、無駄なストレスを減らすこともできます。

時間がかかってもよいのであれば生活習慣改善すると共に、ローションや家庭用脱毛器という手もあります。自身の青髭の症状や希望などにあわせてよい方法を選び出してください。あるだけで女性に不潔感やだらしなさを感じさせる青髭、そのままにせず、何か対策をとってきれいなお肌を取り戻すようにしましょう。

クリニックやサロンで行なう場合にはぜひお値段以上に、症例数が多く技術力の高い信頼できるところを基準に選んでください。

保険の適用がないため青髭対策を任す場合は高くつきますが、安すぎるところは違う肌トラブルを引き起こす危険性もあり、大変危険です。